タグ

化学賞

    2021-10-08

    【2021年ノーベル化学賞/速報解説】狙った化学物質を合成する、環境にやさしい触媒を開発

    2021年化学賞 ベンジャミン・リスト博士(ドイツ・マックス・プランク石炭研究所)、デヴィッド・マクミラン博士(アメリカ・プリンストン大学)  化学物質には、構成する元素や構造がまったく同じでも、左右で逆向きのものが存在します。こうした物質は、鏡に映 […]

    2021-09-22

    【2016年ノーベル化学賞】機械の小型化を分子レベルにできる可能性を示唆

    2016年化学賞 ジャン=ピエール・ソバージュ博士(フランス・ストラスブール大学)、ジェイムス・フレーザー・ストッダート博士(アメリカ・ノースウェスタン大学)、バーナード・フェリンガ博士(オランダ・フローニンゲン大学) ※所属は受賞当時  技術の進歩 […]

    2021-09-22

    【2015年ノーベル化学賞】細胞内のDNAの修復機能を解明

    2015年化学賞 トマス・リンダール博士(フランシス・クリック研究所)、ポール・モドリッチ博士(アメリカ・デューク大学)、アジズ・サンジャル博士(アメリカ・ノース・キャロライナ大学) ※所属は受賞当時  2015年のノーベル化学賞は、細胞内のDNAの […]

    2021-09-22

    【2017年ノーベル化学賞】生体分子の構造を電子顕微鏡で調べる技術を確立

    2017年化学賞 ジャック・ドュボシェ博士(スイス・ローザンヌ大学)、ヨアヒム・フランク博士(アメリカ・コロンビア大学)、リチャード・ヘンダーソン博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2017の化学賞は、生体分子を結晶化させる […]

    2021-09-22

    【2018年ノーベル化学賞】生物の進化を参考にしたタンパク質を改良する技術

    2018年化学賞 フランシス・アーノルド博士(アメリカ・カリフォルニア工科大学)、ジョージ・スミス博士(アメリカ・ミズーリ大学)、グレゴリー・ウィンター博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2018年の化学賞は、生物の進化を参 […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】吉野 彰先生の研究-電極を改良してリチウムイオン電池の開発に貢献

    2019年化学賞 吉野 彰《あきら》 先生(旭化成名誉フェロー)※肩書は受賞当時  充放電できる電池は、放電時はマイナスの電極(負極)からプラスの電極(正極)に、充電時はプラスの電極からマイナスの電極に電子が流れることで電気を取り出したり、溜めたりす […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】福井謙一先生の研究-原子の性質を電子で決まるとする「フロンティア軌道理論」を提唱

    1981年化学賞 福井謙一《けんいち》先生(京都大学教授)※肩書は受賞当時  私たちの身の回りにある物質は、すべて原子で形づくられています。そのため物質の性質は原子によって決まるわけですが、福井謙一博士は原子の性質が電子の動きによって決まるとする「フ […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】白川英樹先生の研究-実験の失敗が導いた電気を通すプラスチックの開発

    2000年化学賞 白川英樹先生(筑波大学名誉教授)※肩書は受賞当時  軽いのに丈夫な上、いろんな形に加工しやすいプラスチックは、さまざまな製品に使われていますが、通常、プラスチックは電気を通すことはありません。電気を通すプラスチック(導電性ポリマー) […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】野依良治先生の研究-右手型と左手型の分子をつくり分ける不斉合成を実現

    2001年化学賞 野依良治《のよりりょうじ》先生(名古屋大学教授)※肩書は受賞当時  化学物質には、分子の構造や構成する元素がまったく同じであるにもかかわらず、まるで鏡で映したように対照的な物質があります。こうした化学物質は「光学異性体」、「鏡像異性 […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】田中耕一先生の研究-分子を壊さずにタンパク質の質量を測定する技術を開発

    2002年化学賞 田中耕一先生(島津製作所主任研究員)※肩書は受賞当時  物質の質量は、レーザー光線を当ててイオン化した物質の移動によって測定されてきました。物質が軽ければより速く移動するので、移動する時間を基準に物質の質量を測定することができるので […]