タグ

化学賞

    2021-10-08

    【2021年ノーベル化学賞/速報解説】狙った化学物質を合成する、環境にやさしい触媒を開発

    2021年化学賞 ベンジャミン・リスト博士(ドイツ・マックス・プランク石炭研究所)、デヴィッド・マクミラン博士(アメリカ・プリンストン大学)  化学物質には、構成する元素や構造がまったく同じでも、左右で逆向きのものが存在します。こうした物質は、鏡に映 […]

    2021-10-01

    【2013年ノーベル化学賞】電気自動車、新薬開発……最先端の研究に欠かせない 化学反応をコンピューター上で再現する手法の開発

    2013年化学賞 マーティン・カープラス博士(フランス・ストラスブール大学、アメリカ・ハーバード大学)、マイケル・レビット博士(アメリカ・スタンフォード大学)、アリー・ウォーシェル博士(アメリカ・南カリフォルニア大学) ※所属は受賞当時  かつて化学 […]

    2021-09-22

    【2011年ノーベル化学賞】結晶とも非結晶とも違う「準結晶」を発見

    2011年化学賞 ダニエル・シェヒトマン博士(イスラエル・イスラエル工科大学) ※所属は受賞当時  2011年の化学賞は、イスラエル工科大学のダニエル・シェヒトマン博士に贈られました。かつて固体は、原子が規則正しく並んだ結晶か、原子の並びが乱雑な非結 […]

    2021-09-22

    【2012年ノーベル化学賞】体内の細胞がどうやって連絡を取り合っているかわかった「Gタンパク質共役受容体」の研究

    2012年化学賞 ロバート・レフコウィッツ博士(アメリカ・デューク大学)、ブライアン・コビルカ博士(アメリカ・スタンフォード大学) ※所属は受賞当時  2012年の化学賞は、「Gタンパク質共役受容体《きょうやくじゅゆたい》」の研究成果が認められた2人 […]

    2021-09-22

    【2014年ノーベル化学賞】細胞内の物質を観察できる超高解像度の蛍光顕微鏡を開発

    2014年化学賞 エリック・ベッチグ博士(アメリカ・ハワード・ヒューズ医学研究所)、ウィリアム・モーナー博士(アメリカ・スタンフォード大学)、シュテファン・ヘル博士(ドイツ・マックス・プランク生物物理化学研究所) ※所属は受賞当時  生物の体を形づく […]

    2021-09-22

    【2016年ノーベル化学賞】機械の小型化を分子レベルにできる可能性を示唆

    2016年化学賞 ジャン=ピエール・ソバージュ博士(フランス・ストラスブール大学)、ジェイムス・フレーザー・ストッダート博士(アメリカ・ノースウェスタン大学)、バーナード・フェリンガ博士(オランダ・フローニンゲン大学) ※所属は受賞当時  技術の進歩 […]

    2021-09-22

    【2015年ノーベル化学賞】細胞内のDNAの修復機能を解明

    2015年化学賞 トマス・リンダール博士(フランシス・クリック研究所)、ポール・モドリッチ博士(アメリカ・デューク大学)、アジズ・サンジャル博士(アメリカ・ノース・キャロライナ大学) ※所属は受賞当時  2015年のノーベル化学賞は、細胞内のDNAの […]

    2021-09-22

    【2017年ノーベル化学賞】生体分子の構造を電子顕微鏡で調べる技術を確立

    2017年化学賞 ジャック・ドュボシェ博士(スイス・ローザンヌ大学)、ヨアヒム・フランク博士(アメリカ・コロンビア大学)、リチャード・ヘンダーソン博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2017の化学賞は、生体分子を結晶化させる […]

    2021-09-22

    【2018年ノーベル化学賞】生物の進化を参考にしたタンパク質を改良する技術

    2018年化学賞 フランシス・アーノルド博士(アメリカ・カリフォルニア工科大学)、ジョージ・スミス博士(アメリカ・ミズーリ大学)、グレゴリー・ウィンター博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2018年の化学賞は、生物の進化を参 […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】吉野 彰先生の研究-電極を改良してリチウムイオン電池の開発に貢献

    2019年化学賞 吉野 彰《あきら》 先生(旭化成名誉フェロー)※肩書は受賞当時  充放電できる電池は、放電時はマイナスの電極(負極)からプラスの電極(正極)に、充電時はプラスの電極からマイナスの電極に電子が流れることで電気を取り出したり、溜めたりす […]