【2013年ノーベル化学賞】電気自動車、新薬開発……最先端の研究に欠かせない 化学反応をコンピューター上で再現する手法の開発

2013年化学賞 マーティン・カープラス博士(フランス・ストラスブール大学、アメリカ・ハーバード大学)、マイケル・レビット博士(アメリカ・スタンフォード大学)アリー・ウォーシェル博士(アメリカ・南カリフォルニア大学) ※所属は受賞当時

 かつて化学者は、プラスチックのボールとスティックで分子をモデル化していました。現在の研究では、コンピューターが欠かせません。3人の受賞者は、現在の研究で欠かせないコンピューターシミュレーションの手法を考え出しました。

★研究解説はコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 2月号

CTR IMG