【2016年ノーベル化学賞】機械の小型化を分子レベルにできる可能性を示唆

2016年化学賞 ジャン=ピエール・ソバージュ博士(フランス・ストラスブール大学)、ジェイムス・フレーザー・ストッダート博士(アメリカ・ノースウェスタン大学)、バーナード・フェリンガ博士(オランダ・フローニンゲン大学) ※所属は受賞当時

 技術の進歩とともに小型化してきた機械。今後も機械の小型化は進んでいくと思われますが、これまでの機械工学の延長では、すぐに限界に達してしまうでしょう。2016年の化学賞は、こうした機械を小さくする限界を突破する可能性を示した、「分子マシン」の研究に取り組んだ、3人の博士に贈られました。

★研究解説はコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG