「読者の謎解きコンテスト」受賞した謎解きにチャレンジ①【正解発表・解説編】

 「読者の謎解きコンテスト」で読者が考えた謎解き受賞作品にチャレンジ! 正解者の中から抽選で3名に、1000円分の図書カードを進呈するよ。

 このページでは、田中陽大さんが考えた謎解き作品の正解を発表! まだ問題に挑戦していない人は、こちらで問題を解いてから答えと解説を見よう。

問題

以下の表から3文字の言葉をさがしだせ。

正解 かがく

【田中陽大さんの解説】

【審査員・東田大志先生より】

 表と絵をうまく使った謎だ。表を使った謎は、2021年8月号の特集記事では紹介しなかったけれど、タテとヨコを両方考えていくおもしろい謎がつくれるぞ。

 この謎でも表の形をうまく使っている。絵もわかりにくいものにはヒントがあり、最初はすぐに進めるようになっているぞ。絵を言葉に変換したあと、その言葉が同じ列に入っていることに気づけるかが、1つ目のポイントになる。

 そのあと「よのあいだ」という言葉を導くことができても、ここで終わりじゃない。問題文には「3文字の言葉をさがしだせ」とあるからだ。表の中によが2つあることに気づけるかがもう1つのポイントだ。

 2つのよの間をななめに読むと「かがく」という3文字の言葉が導き出せる。これが答えだ。

 この謎のようにたくさんの段階を踏まないと解けない謎は、最初に導いた言葉では不十分だとはっきりわからないといけない。この謎では答えの文字数を書くことで、解く人が本当の答えまでたどり着けるようになっている。解けるまでの道は長いけれど、解く人がスッキリ解けるように考えられている謎だ。

プレゼント当選者発表

以下の3名に図書カードをプレゼントします(※ニックネーム登録のない人は本名です)

奥村 知史さん(鹿児島県)
おばけさん(神奈川県)
ちびねこさん(東京都)

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 10月号

CTR IMG