プログラミングするために必要な環境

 ロボットのプログラミングは「kurikitのビジュアルプログラミング」というプログラミング環境を使います。動作可能な環境は以下になりますので、確認をしてください。

 AIのプログラミングは「Teachable Machine」を使います。ただ、スマートフォンやタブレットでは使うことができません。

●インターネット環境
  Wi-Fi4環境を推奨(大きなファイルをダウンロードします)

●使用するウェブブラウザー
 Google Chromeを使います。お持ちでない方はこちらからダウンロードができます。

●対応するOSについて

AIを使うことができる

WindowsWindows 10 64bit バージョン 1709以上を搭載、かつBluetooth 4.0以上対応
MasmacOS 10.13(OS X Yosemite)以上を搭載、かつBluetooth 4.0以上対応
Chrome OSChrome OS バージョン 56以上を搭載、かつBluetooth 4.0以上対応

AIを使うことができないが、kurikitのビジュアルプログラミングは使える

AndroidAndroid 6.0 marshmallow以上を搭載、かつBluetooth 4.0以上対応
iOSBluefyをインストールすることで一部機能動作可能(kurikitを動かす場合には特別な方法が必要です)

 Android、iOSでのkurikitのビジュアルプログラミングの使い方は、サポート情報の「Androidでkurikitのビジュアルプログラミングを使う方法」、「iPadでkurikitのビジュアルプログラミングを使う方法」も参考にしてください。

書籍『あそべる! 通じ合う! てづくりAIロボット』特設サイトに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 9月号

CTR IMG