タグ

文房具

    2020-12-08

    【12/18オンライントークイベント】「文具王のゆく年くる年」開催!

    今年1月の発刊以来、みなさまに大変ご好評いただいている『文房具語辞典』。おかげさまで3刷り、4刷りと版を重ね続けていることを記念いたしまして、著者・文具王高畑正幸さんによるオンライントークイベントを開催いたします! 題して「文具王のゆく年くる年」。 […]

    2020-10-27

    こすって消えるペンのしくみを教えてください。

    摩擦熱で消える特殊なインキが使われている 消えるペンのしくみにはいくつか種類がありますが、こすって消えるペンの代表格「フリクション」のしくみを説明しましょう。書いたものがこすって消える秘密はインキにあります。フリクションのインキが消えるのは、摩擦熱に […]

    2020-10-27

    鉛筆の濃さはどうやって調整しているの?

    黒鉛と粘土を混ぜ合わせる割合で決まる 鉛筆の芯は、黒鉛と粘土を混ぜ合わせ、焼き固めることでつくられます。このときの黒鉛と粘土を混ぜる量の割合によって、濃さを調整しています。一般的にHBの芯は、黒鉛が約7割、粘土が約3割です。黒鉛が多くなるほどB、2B […]

    2020-10-27

    色鉛筆はどうして消えないの?

    色のかたまりが紙の表面の奥に入り込むから 色鉛筆がどうして消えないのか、普通の鉛筆(黒芯)が消える理由と比べて考えてみましょう。 図を見てください。上は普通の鉛筆で書いたときの紙の表面の断面です。黒い粒が紙の表面にパラパラと乗っています。消しゴムでこ […]

    2020-10-27

    ねりけしはどうやってつくるの?

    合成ゴムに軟化する成分を加えてつくる ねりけしは軟らかくてふわふわしており、不思議な感触ですね。一般的なプラスチック消しゴムと同じく鉛筆で書いたものを消すことができますが、その原料とつくり方はかなり違っています。 まず、消しゴムのつくり方を簡単にご説 […]

    2020-10-27

    蛍光ペンが透けるのはどうして?

    透けやすい染料が低めの濃度で入っているから 教科書の大事なところを目立たせたいときなどは、下の文字が透けて見える蛍光ペンが便利ですよね。蛍光ペンはほかのペンと違い、どうして透けるのでしょうか? 蛍光ペンのインクは大部分が水で、その中に色材が入っていま […]

    2020-08-21

    知るほど面白い文房具の世界 文具王・高畑正幸さんインタビュー【後編】YouTube制作のウラ側大公開!

     前回も身近な文房具の歴史や科学との関係について、お話してくださった文具王の高畑正幸《たかばたけまさゆき》さん。  最近は、文房具の魅力《みりょく》を伝えるためにYouTubeを活用しているという高畑さんに、どのように撮影《さつえい》しているのかを見 […]

    2020-08-14

    知るほど面白い文房具の世界 文具王・高畑正幸さん インタビュー【前編】

     学校などで毎日使うとても身近なえんぴつや消しゴムについて、深く考えたことはありますか?   実は科学や数学ともかかわりの深い文房具について「文具王《ぶんぐおう》」として知られ、自身も「子供の科学」のファンだという高畑正幸《たかばたけまさゆき》さんに […]