タグ

物理学賞

    2021-10-06

    【2021年ノーベル物理学賞/速報解説】地球温暖化などの複雑な現象を理解する方法を示した

    2021年物理学賞 真鍋《まなべ》淑郎《しゅくろう》博士(アメリカ・プリンストン大学)、クラウス・ハッセルマン博士(ドイツ・マックスプランク気象学研究所)、ジョルジュ・パリ―ジ博士(イタリア・ローマ・サンピエンツァ大学)  私たちの身の回りにはとても […]

    2021-09-22

    【2017年ノーベル物理学賞】アインシュタインが予言した重力波の初観測に成功

    2017年物理学賞 レイナー・ワイス博士(アメリカ・マサチューセッツ工科大学)、バリー・バリッシュ博士(アメリカ・カリフォルニア工科大学)、キップ・ソーン博士(アメリカ・カリフォルニア工科大学) ※所属は受賞当時  観測技術が進歩したことで、人間の目 […]

    2021-09-22

    【2016年ノーベル物理学賞】不思議な“トポロジー”で今後の物理学の発展に貢献

    2016年物理学賞 デヴィッド・サウレス博士(アメリカ・ワシントン大学)、ダンカン・ホールデン博士(アメリカ・プリンストン大学)、マイケル・コステリッツ博士(アメリカ・ブラウン大学) ※所属は受賞当時  物質の最小単位である原子の世界では、私たちの目 […]

    2021-09-22

    【2018年ノーベル物理学賞】光で物体を捕らえる!レーザー技術の飛躍に貢献

    2018年物理学賞 アーサー・アシュキン博士(アメリカ・元ベル研究所)、ジェラール・ムル博士(アメリカ・ミシガン大学)、ドナ・ストリックランド博士(カナダ・ウォータールー大学) ※所属は受賞当時  2018の物理学賞は、レーザー光線を活用した画期的な […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】梶田隆章先生の研究-観測を通じて素粒子ニュートリノに質量があることを発見

    2015年物理学賞 梶田隆章《かじたたかあき》先生(東京大学教授)※肩書は受賞当時  2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊博士らによって建設されたカミオカンデでは、宇宙から降り注いだ宇宙線が大気中の原子核に衝突して生じる「大気ニュートリノ」 […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】湯川秀樹先生の研究-中間子理論が評価されて、日本で初めてノーベル賞を受賞

    1949年物理学賞 湯川秀樹先生(コロンビア大学教授)※肩書は受賞当時  この宇宙に存在する物質は、すべて原子で形づくられています。その原子は中心に陽子と中性子が集まってできた原子核があり、その周囲を電子が回っています。  陽子は電気的にプラスで、中 […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】朝永振一郎先生の研究-量子力学の大問題を「くりこみ」理論で解決

    1965年物理学賞 朝永振一郎《ともながしんいちろう》先生(東京教育大学(現筑波大学)教授)※肩書は受賞当時  1940年代、電子の重さ(質量)を実験的に測定できるのに、非常に小さな素粒子を扱う量子力学の理論で電子の質量を計算すると、どういうわけか無 […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】江崎玲於奈先生の研究-実験的に「トンネル効果」を起こすことに成功

    1973年物理学賞 江崎玲於奈《えさきれおな》先生(IBM トーマス・J・ワトソン研究所)※肩書は受賞当時  私たちの目に見えるような大きなの世界では、壁に投げた物体が壁を通り抜けることはありません。ところが、電子などの非常に小さな粒子を研究する「量 […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】小柴昌俊先生の研究-巨大な観測施設を建設して「ニュートリノ天文学」を開拓

    2002年物理学賞 小柴昌俊《こしばまさとし》先生(東京大学名誉教授)※肩書は受賞当時  陽子や電子が物質を形づくる粒子であるのに対して、素粒子の一種、ニュートリノは物質の素になることはなく、自由に飛び回っています。私たちが暮らす地球にも常に宇宙から […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】南部陽一郎先生・小林 誠先生・益川敏英先生の研究-宇宙が存在する理由を理論的に探った

    2008年物理学賞 南部《なんぶ》陽一郎先生(シカゴ大学名誉教授)2008年物理学賞 小林 誠先生(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)2008年物理学賞 益川敏英《ますかわとしひで》先生(京都大学名誉教授、京都産業大学教授)※肩書は受賞当時  ※南 […]