【2013年ノーベル物理学賞】宇宙誕生の謎を解き明かす大きな一歩! 素粒子に重さをもたらす理論の発見

2013年物理学賞 ピーター・ヒッグス博士(イギリス・エディンバラ大学)、フランソワ・アングレール博士(ベルギー・ブリュッセル自由大学) ※所属は受賞当時

 素粒子物理学の標準モデルによれば、花やヒトから星、惑星まで、この世界のすべては物質を形成するいくつかの素粒子でできています。そしてこれらの素粒子は、力を与える素粒子が媒介する力に支配されています。この標準モデルの中で、存在が予想されながら見つかっていなかったのがヒッグス粒子です。

★研究解説はコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2023年 1月号

CTR IMG