タグ

斉藤勝司

    2021-09-22

    【2016年ノーベル化学賞】機械の小型化を分子レベルにできる可能性を示唆

    2016年化学賞 ジャン=ピエール・ソバージュ博士(フランス・ストラスブール大学)、ジェイムス・フレーザー・ストッダート博士(アメリカ・ノースウェスタン大学)、バーナード・フェリンガ博士(オランダ・フローニンゲン大学) ※所属は受賞当時  技術の進歩 […]

    2021-09-22

    【2015年ノーベル化学賞】細胞内のDNAの修復機能を解明

    2015年化学賞 トマス・リンダール博士(フランシス・クリック研究所)、ポール・モドリッチ博士(アメリカ・デューク大学)、アジズ・サンジャル博士(アメリカ・ノース・キャロライナ大学) ※所属は受賞当時  2015年のノーベル化学賞は、細胞内のDNAの […]

    2021-09-22

    【2017年ノーベル化学賞】生体分子の構造を電子顕微鏡で調べる技術を確立

    2017年化学賞 ジャック・ドュボシェ博士(スイス・ローザンヌ大学)、ヨアヒム・フランク博士(アメリカ・コロンビア大学)、リチャード・ヘンダーソン博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2017の化学賞は、生体分子を結晶化させる […]

    2021-09-22

    【2017年ノーベル医学・生理学賞】生物に起こる24時間周期の変化、概日リズムのしくみを解明

    2017年医学・生理学賞 ジェフリー・ホール博士(アメリカ・ブランダイス大学)、マイケル・ロスバシュ博士(アメリカ・ブランダイス大学)、マイケル・ヤング博士(アメリカ・ロックフェラー大学) ※所属は受賞当時  睡眠をはじめ、体温、血圧、心拍数など、私 […]

    2021-09-22

    【2018年ノーベル化学賞】生物の進化を参考にしたタンパク質を改良する技術

    2018年化学賞 フランシス・アーノルド博士(アメリカ・カリフォルニア工科大学)、ジョージ・スミス博士(アメリカ・ミズーリ大学)、グレゴリー・ウィンター博士(イギリス・MRC分子生物学研究所) ※所属は受賞当時  2018年の化学賞は、生物の進化を参 […]

    2021-09-22

    【2018年ノーベル物理学賞】光で物体を捕らえる!レーザー技術の飛躍に貢献

    2018年物理学賞 アーサー・アシュキン博士(アメリカ・元ベル研究所)、ジェラール・ムル博士(アメリカ・ミシガン大学)、ドナ・ストリックランド博士(カナダ・ウォータールー大学) ※所属は受賞当時  2018の物理学賞は、レーザー光線を活用した画期的な […]

    2021-09-21

    【ノーベル化学賞】吉野 彰先生の研究-電極を改良してリチウムイオン電池の開発に貢献

    2019年化学賞 吉野 彰《あきら》 先生(旭化成名誉フェロー)※肩書は受賞当時  充放電できる電池は、放電時はマイナスの電極(負極)からプラスの電極(正極)に、充電時はプラスの電極からマイナスの電極に電子が流れることで電気を取り出したり、溜めたりす […]

    2021-09-21

    【ノーベル医学・生理学賞】本庶 佑先生の研究-がん細胞が免疫の攻撃を回避するしくみを解明

    2018年医学・生理学賞 本庶 佑《ほんじょたすく》先生(京都大学特別教授)※肩書は受賞当時  近年、体外から侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を取り除く免疫に、がん細胞を攻撃させる「免疫療法《めんえきりょうほう》」が注目を集めています。ただし、免 […]

    2021-09-21

    【ノーベル医学・生理学賞】大隅良典先生の研究-細胞内のリサイクル「オートファジー」に関わる遺伝子を解明

    2016年医学・生理学賞 大隅良典《おおすみよしのり》先生(東京工業大学栄誉教授)※肩書は受賞当時  生物が食べ物を得られない飢餓状態に陥ると、細胞内のタンパク質を分解して、再利用する「オートファジー」が働きます。日本語では「自食作用」と訳されるこの […]

    2021-09-21

    【ノーベル物理学賞】梶田隆章先生の研究-観測を通じて素粒子ニュートリノに質量があることを発見

    2015年物理学賞 梶田隆章《かじたたかあき》先生(東京大学教授)※肩書は受賞当時  2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊博士らによって建設されたカミオカンデでは、宇宙から降り注いだ宇宙線が大気中の原子核に衝突して生じる「大気ニュートリノ」 […]