タグ

地学

    • 2020-10-27

    なぜ一週間の天気を予報できるの?

    コンピュータと人間力の合わせワザ   現在の天気予報は、スーパーコンピューターを駆使した「数値予報」により成り立っています。天気図とか経験則とか統計データが中心だった昔に比べて格段の進歩をとげました。しかし、大気現象にはゆらぎがあり、それが天気予報の […]

    • 2020-10-27

    小惑星ってどれくらい小さいの?

    数百mから数十kmくらいの大きさが普通 小惑星は文字通り、惑星と呼ぶには小さな天体のことです。大きさが300km以上ある小惑星はわずか数個で、その多くは数百mあるいは数mくらいから数十kmです。例えば、小惑星探査機「はやぶさ」が行ったイトカワは長さ5 […]

    • 2020-10-27

    台風はどうやってできるのですか?

    熱帯低気圧がどんどん強くなってできる 台風は南の暖かい海で生まれ、成長して日本にやってきます。台風の正体は発達して強い勢力を持った熱帯低気圧。熱帯の海で発生する低気圧です。 熱帯の海は強い太陽の日射しを受けるため、水温が26℃~27℃以上と温かく、海 […]

    • 2020-10-27

    惑星はどうして光らないの?

    自分で光をつくり出せないから 夜空をよく観察しているみなさんは、「あれ? この時期は夕方暗くなると木星が見えているよ。惑星も光っているんじゃないの?」と思うかもしれません。でも実際には木星が自分で光っているわけではありません。私たちが住んでいる地球も […]

    • 2020-10-27

    蜃気楼はなぜ起こるのですか?

    冷たい空気と暖かい空気の間を光が通ると、屈折するため 蜃気楼は大気中の光の屈折によって、遠くの景色が伸びたり逆さになったり、実際とは異なって見える現象です。実際の風景の上に虚像が見える上位蜃気楼と、実際の風景の下に虚像が見える下位蜃気楼があります。 […]

    • 2020-10-27

    天気が急に変わるのはなぜ?

    積乱雲が通り過ぎるから さっきまで晴れていたのに突然の雷雨。 このような天気の急変は「積乱雲」によるものです。積乱雲は「入道雲」や「雷雲」とも呼ばれ、短時間の大雨、雷、突風、ひょう、竜巻といった大荒れの天気をもたらします。 積乱雲は雲の中の上昇気流が […]

    • 2020-10-27

    宇宙にはなぜ空気がないの?

    地球でつくられ、重力が引き止めているから まず最初に「なぜ地球に空気があるのか?」を考えてみたいと思います。大昔の地球は、水蒸気や二酸化炭素、窒素などのガスが空気(大気)をつくっていました。やがて水蒸気は冷えて雨となり海をつくり、水に溶けやすい二酸化 […]

    • 2020-10-27

    木星の環はなぜあるの?

    たくさんの小さなちりが木星の周りを回るから 惑星のリングといえば、大きくてりっぱな土星の環が有名ですが、実は木星にも小さな環があります。1979年、ボイジャー1号が木星に接近したとき、かすかに淡く光る環を初めて発見し、研究者を大変驚かせました。土星 […]

    • 2020-10-27

    放射冷却はどうして起きるの?

    地面の熱が放射で奪われて、気温が下がる 「今夜は放射冷却により、冷え込みが厳しくなるでしょう」。冬の天気予報では「放射冷却」という言葉がよく出てきます。 「放射冷却」とは、高温の物体が熱を外に放射して冷える現象です。炊き立てのごはんや、お風呂のお湯 […]

    • 2020-10-27

    大陸はどうやってできて、どう動いているの?

    マグマが固まって大陸ができます。大陸はマントルの流れに乗って動いています。 地球の表面は、プレートと呼ばれる十数枚の薄くて硬い岩石の板に分かれています。プレートの下には、キャラメルのように軟らかい岩石からなるマントルがあります。マントルは地球内部 […]