タグ

地学

    • 2020-10-27

    アメリカではよく竜巻が起きているようですが、日本ではどうして少ないのですか。

    日本でも竜巻は起きています。特に9月が多く、毎月発生しています。   日本でも竜巻は起きています。アメリカでは陸上の竜巻、海上の竜巻、上空の竜巻で呼び名が別々ですが、日本ではそうした区別はせずに、陸上、海上、上空で起きたもの全てを竜巻と呼んでいます。 […]

    • 2020-10-27

    地球の元になった隕石はどこから来たの?

    暗黒星雲のちりによってできた微惑星が元になっている ?  君は太陽がどうやってできたか知っている? 太陽は今から50億年ほど前に暗黒星雲が重力で縮んでできました。暗黒星雲は9割が水素、1割がヘリウムでできていますが、それ以外に炭素やケイ素などからなる […]

    • 2020-10-27

    グランドキャニオンはどうやってできたの?

    地層の形成と土地の隆起、川による侵食が生んだ ? ?アメリカにあるグランドキャニオンは、コロラド高原と呼ばれる比較的平坦な土地に深い谷が切り込んでいる場所です。谷の地形とともに、谷の側面に見える地層の水平な縞模様が印象的です。ただし谷の一番深い場所に […]

    • 2020-10-27

    地球ができたのは何年前ってわかるのは、なぜですか?

    放射性元素を時計として使います ?  放射線を出しながら、徐々に壊れてゆく性質を持つ元素のことを放射性元素といいます。この放射性元素を時計として使うことで、地球がいつごろ誕生したのかを測定することができます。  時計に用いる放射性元素の1つに、ウラン […]

    • 2020-10-27

    月の公転と自転はどうして一致するの?

    地球の強い引力が影響し、一致するようになった 月は地球の周りを1回公転する間に、それと同じ向きに月自身が1回自転しています。そのため月はいつも同じ面を地球に向けています。公転と自転が一致しているのは偶然なのでしょうか?実は、昔は月の自転はもっと速かっ […]

    • 2020-10-27

    雷(稲妻)はなぜ曲がるの?

    空気中の分子とぶつかって止まりながら進むから 雷は雷雲(積乱雲)の中で生じる電気による現象です。冬によく静電気が発生しますが、暗いところではぴかっと光って見えることがあります。雷はこの現象が大きな規模で起こったものです。 稲妻が曲がる理由の前に、まず […]

    • 2020-10-27

    空に浮かぶ雲って?雲はどうしてできるのですか?

    空気が冷えると、そこに含まれていた水蒸気が水滴に変化、それが雲です。 よく夏のたいへん暑い日に、コップの中に冷たい水やジュースを入れておくと、しばらくしてコップの表面に小さな水滴がたくさんついているのがわかるでしょう。これはコップの表面にふれた空気が […]

    • 2020-10-27

    空が青いのはどうして?

    太陽の光の中の青い光が散乱しているから 私たちが色を見分けることができるのは、その色の光が眼に届くためです。たとえば赤いリンゴからは主に赤い光が、緑の植物からは主に緑の光が眼に届いています。ですから、空が青く見えるということは、空にある“何か”から「 […]

    • 2020-10-27

    冬に晴れの日が多いのはどうして?

    晴天は太平洋側のみ  天気図で等圧線がたてじま模様の西高東低の冬型のとき、季節風と強い寒気の影響で日本海側の地方は雪が降ります、一方季節風が日本の脊梁山脈を越えると、乾燥した季節風が吹き。太平洋側の地方は晴天となります。これは気象衛星でよくわかります […]

    • 2020-10-27

    磁石を南極にもっていくとどうなってしまうの?

    磁石のS極が下を向く 南極でも方位磁石を使って移動しますが、南極の昭和基地では、磁石の向きが地図の南北と49度もずれています。だから、磁石のS極の向きに進んでも南極点には行きません。そのため、地図の上に、磁石のN極とS極の向きを示す線を書いて、迷わな […]