月の公転と自転はどうして一致するの?

地球の強い引力が影響し、一致するようになった

月は地球の周りを1回公転する間に、それと同じ向きに月自身が1回自転しています。そのため月はいつも同じ面を地球に向けています。公転と自転が一致しているのは偶然なのでしょうか?実は、昔は月の自転はもっと速かったと考えられています。
月の形を精密に測ってみると、地球の強い引力の影響でわずかに地球の方向に引き伸ばされています。ところが今よりも自転が速かったころは、伸ばされる間にその部分が月の自転で移動してしまいます(図1のa点)。すると地球の引力がa点を地球に向け戻そうとするため、自転にブレーキがかかります。その間に今度はb点が伸び始め、それが自転で移動するとまたブレーキが……ということが続くと、自転がどんどん遅くなり、伸びた部分も少しずつ地球の方へ向いていきます。
そしてついに地球の方を真っすぐ向くと、そこが一番安定するのでそれ以上変化しなくなりました。こうして自転と公転が一致したのです。
(室井恭子)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG