タグ

植物

    2020-10-27

    バナナの種はどこ?どんな形?

    生食用バナナは種なし品種 果実内部に小さな種のなごりあり バナナは、マレー半島やフィリピンなど熱帯アジア原産の果樹です。野生のバナナの果実には小豆大の種子(種)がいっぱい詰まっていますが、私たちが普段食べているバナナには、そのような種は見あたりません […]

    2020-10-27

    冬に葉っぱがない木が生きられるのはなぜ?

    養分を枝や幹の皮に移してから葉を落とすから 秋から冬にかけて一斉に葉を落とす木があります。こういう木を落葉樹といいます。これは、気温の低い厳しい冬の時期を耐えしのぐために木が獲得した優れた性質です。 実は、木が冬に葉をつけたままだと、以下のようにいく […]

    2020-10-27

    カボチャの皮にふく粉はなんですか?

    果実を保護する果粉 完熟の目印にもなる スーパーなどで見られるカボチャは、果皮(果実の表面)がつやつや・ピカピカしているものが多いかと思います。しかし、品種によっては、果皮が、白っぽい物質で覆われ、粉をふいたように見えるものがあります。 この物質は、 […]

    2020-10-27

    キュウリのイボイボはなんのためにあるの?

    熟す頃に目立たなくなることから若いときに動物から身を守るためだと考えられる 日本のキュウリは、かなり早く収穫して、小型で未熟な果実が出荷されるのが特徴です。現在では全国的に重さが100g、大きさが21cm程度のものが求められ、農家ではこのサイズを維持 […]

    2020-10-27

    アサガオが朝咲くのはなぜ?

    前夜暗くなってから8~10時間後に咲く日の出前に咲くことも多い アサガオは奈良時代に中国から遣唐使が伝えたといわれています。その後江戸時代になってさかんに品種改良が行われました。「変わり咲き」など、1000種類以上の品種がつくられ、当時の外国人も驚い […]

    2020-10-27

    スイカのタネに黒と白があるのはなぜですか?

    正常なタネ(黒)と受精しなかった タネ(白)が混じっているから スイカの季節がやってきました。食べる際に邪魔になるタネですが、少し観察してみましょう。スイカのタネには、質問のように黒のタネと白のタネが混在しています。しかし、よく見ると、濃い茶色や、う […]

    2020-10-27

    花粉の多い少ないはどう予測するの?

    夏の気温や日照時間、降水量などの条件から計算する 毎年春になるとスギ林やヒノキ林から多くの花粉が風で運ばれ、都会にも降り注ぎます。「日本列島がくしゃみする」といわれるほどですが、年によって飛散する花粉の量は変化し、極端に多くなったり少なくなったりする […]

    2020-10-27

    木にはどうして年輪があるの?

    細胞の大きさの違いが色の違いになって現れる 木の年輪は1年のうちに薄い色の帯と濃い色の帯が交互に現れることで、しましまの「年輪」として見えます。では、この色の違いはなぜ現れるのでしょうか? 身近なスギやマツ(針葉樹というグループ)の年輪を顕微鏡で拡大 […]

    2020-10-27

    四つ葉のクローバーはなんでできるの? またどういうところで見つかりますか?

    成長点に傷がつくと、小葉の枚数が増えることがある クローバーは、正式にはシロツメクサ(白詰草)という名前のヨーロッパ原産のマメ科植物で、江戸時代に日本に渡来しました。当時、オランダからガラス製品などを持ち込む際に、乾燥したクローバーの花を保護材として […]

    2020-10-27

    ミカンの皮をむくと出てくる白いひもは何ですか?

    白い筋は果実を大きくするために水や養分を送る維管束 ミカンの皮をむいて食べる際、じっくりと果実の構造を見たことがあるでしょうか? 最も外側にあるのが、外果皮(フラベド)。色素を含んでいるので、成熟すると独特の色を示します。その内側の内壁にある白いスポ […]