タグ

生物

    2020-10-27

    イルカがしゃべるって本当?

    今は「マネ」の段階だが、今後の研究に期待 ?  「動物と話したい」というのは多くの人が持っている夢でしょう。今、イルカと話がしたいという夢を追った研究が進められています。まさに「イルカとしゃべる」研究です。 ?  その「しゃべる」研究に取り組んでいる […]

    2020-10-27

    木にはどうして年輪があるの?

    細胞の大きさの違いが色の違いになって現れる ?  木の年輪は1年のうちに薄い色の帯と濃い色の帯が交互に現れることで、しましまの「年輪」として見えます。では、この色の違いはなぜ現れるのでしょうか?  身近なスギやマツ(針葉樹というグループ)の年輪を顕微 […]

    2020-10-27

    花粉の多い少ないはどう予測するの?

    夏の気温や日照時間、降水量などの条件から計算する ?  毎年春になるとスギ林やヒノキ林から多くの花粉が風で運ばれ、都会にも降り注ぎます。「日本列島がくしゃみする」といわれるほどですが、年によって飛散する花粉の量は変化し、極端に多くなったり少なくなった […]

    2020-10-27

    バッタはどうして大量発生するの?

    繁殖環境によって集団行動をするバッタが発生する ? ?空が暗くなるほど巨大なバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らす。昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」とい […]

    2020-10-27

    利き手は何で決まるのですか? もしDNAで決まるならゲノム編集で変えることはできますか?

    遺伝的な要因と環境的な要因の両方で決まります ?  人の利き手の人口比は、右利きが90%、左利きが10%です。利き手の比率の差が生まれる要因の1つは、親から子供への遺伝です。右利き同士 の親から生まれた子供の左利きの比率は9.5%ですが、右利きと左利 […]

    2020-10-27

    恐竜は何種類見つかっているの?

    約1000種類。毎年、少しずつ数が増えている 現在までに知られている恐竜の数は、およそ1000種類です。毎年、新しい恐竜が見つかっているので、この数は少しずつ増えています。その一方、研究が進み、別の種類と考えられていた恐竜が実は同じ種類だったと判明す […]

    2020-10-27

    カラフルな熱帯魚が多いのはなぜ?

    派手な方がかえって保護色になるからと考えられる ?  なぜ熱帯魚にはカラフルなものが多いのでしょうか? その確定的な理由はまだよくわかっていないのですが、魚たちの暮らす環境を理解することで、いくつかの可能性が考えられます。 ?  熱帯魚として人気のネ […]

    2020-10-27

    ウナギはなぜ細長いの?

    岩穴や泥の中にもぐりこんで隠れるときに都合がいいため ?  明るい光が嫌いなウナギは、昼間は暗い岩のすき間や泥の中の穴に身を隠していて、夜になると出てきてエサを探して活動します。ウナギの体が細長いわけは、こうした岩穴や泥の中に潜り込んで隠れるときに都 […]

    2020-10-27

    自然の中に渦巻き模様がいろいろあるのはなぜですか?

    ひと言でいうと「簡単にできてしまうから」です ?  自然界に存在する「模様」は、だれかがつくったわけではなく、ひとりでに出来上がったものです。ですから、簡単にできてしまう形は、身の回りにたくさんあるのですが、つくるのに複雑なしくみがいる形は、ほとんど […]