タグ

山村紳一郎

    2020-10-27

    永久機関はどうしてつくれないの?

    熱力学の基本原理に反しているため 永久機関とは、外からエネルギーを与えなくても、何らかの仕事をし続ける装置のこと。これが成り立たない理由は、19世紀に確立した熱力学の基本原理に反しているためだ。例えば、何かを動かすと摩擦などのエネルギーロスが発生する […]

    2020-10-27

    なぜ無重力空間では水が玉のような形になるんですか?

    表面張力が働くため 水をはじめ、空気や机、人間の体などのすべての物質(もの)は、分子というとても細かい(顕微鏡でも見ることができない)粒でできていて、粒(分子)同士は互いに引き合っている(この力を分子間力という)。この力のおかげで、液体や固体はまとま […]

    2020-10-27

    リトマス試験紙はどうして色が変化するのですか?

    含まれている色素の分子が変化するため リトマス試験紙には、地衣類(菌類と藻類の共生生物)の一種であるリトマスゴケから取り出した染料がしみこませてあります(現在では化学合成が多い)。その成分のひとつ「アゾリトミン」という色素の分子は、酸性やアルカリ性に […]

    2020-10-27

    地球の空気が宇宙へ出ていかないのはどうして?

    空気も重力に引っぱられているから 実は空気にも重さがあります。空気は重力(地球の引力)によって引っぱられているから、宇宙に逃げていかないのです。その重さは意外に重く、普通の状態の空気で1Lあたり約1.29g。風呂おけ1杯分だとおよそ1kg。これを感じ […]

    2020-10-27

    卵を電子レンジでチンするとどうなるのですか?

    <危険!試すべからず!これを読んでご想像下さい > チンする時間や卵の状態などにもよりますが、たいていの場合は「爆発」…内側の圧力で外にはじける現象、つまり「破裂」が起きます。 電子レンジは電磁波(電波)を当てて、食品の中にある水分を加熱します。卵の […]

    2020-10-27

    お風呂に入ったときに湯船の壁やからだに小さな気泡がつくのはなぜ?

    とけていた空気が泡になる 湯船や体につく小さな気泡の正体は、ほとんどが水に溶けこんでいた空気だ。水道水は、水源である河川などから蛇口に届くまでの間、そして湯船に汲むときなどに、何度となく激しくかき混ぜられる。このときに空気が少しずつ溶けこんでいく。 […]

    2020-10-27

    太陽は空気がないのになぜ燃えているの?

    燃えているのではなく核融合を起こしている 「太陽が燃えている」という表現は、実は科学的には正しくありません。これは一種の“たとえ”で、太陽が出す強い光や熱が「まるで燃えているように感じられる」という意味です。では、太陽は燃えていないのに、なぜあのよう […]

    2020-10-27

    新聞に日が当たると茶色くなるのは?

    成分のひとつが酸素と反応するから 紙は植物などの繊維を原料としてつくられていて、その成分はおもにセルロースと呼ばれる物質。でも、このほかにも植物が持っているいくつかの成分が含まれている。そのひとつに、植物の細胞をじょうぶにしたり、繊維同士をくっつける […]

    2020-10-27

    空が青いのはどうして?

    太陽の光の中の青い光が散乱しているから 私たちが色を見分けることができるのは、その色の光が眼に届くためです。たとえば赤いリンゴからは主に赤い光が、緑の植物からは主に緑の光が眼に届いています。ですから、空が青く見えるということは、空にある“何か”から「 […]