タグ

山村紳一郎

    2020-10-27

    お風呂の湯船ではなぜ最初だけ空気の粒がつくの?

    水中に溶けた空気が抜けだすため 湯船につく空気の粒は、もともと水道の水に溶けていたものです。水道水にはたくさんの空気が溶けています。 水には、その表面からでも空気が少しずつ溶けこみますが、たんに空気と触れているだけではあまり多くは溶けません。しかし、 […]

    2020-10-27

    光の速さはどうやってはかったのですか?

    17世紀から、光の速度はいろいろな方法で測られてきた ふつう、速度を測るには「2か所の間を通過した時間を計測する」などの方法が用いられます。でも、光の速度は速すぎるので、このような方法で測るのは困難です。 そこで、地球が太陽の周りを動いていることを利 […]

    2020-10-27

    どうして大根は煮ると透明になるの?

    大根本来の色はもともと透明に近い 大根はもともと透明に近い細胞や繊維質と水とでできていますが、その間には細かい空気の粒がたくさん含まれています。このため、細胞や繊維質と空気とのさかいめで、光がさまざまな方向に屈折・反射します。すると、いろいろな光が混 […]

    2020-10-27

    星がキラキラするのはなぜ?

    星の明るさが変わっているわけではない空気の層の中で光が揺れて見えるため 私たちが住んでいる地面の上には、約10km以上の厚さの大気…つまり空気の層があり、星の光はその中を通って目に届きます。空気はほとんど透明ですが、温度が変化すると膨らんだり縮んだり […]

    2020-10-27

    卵を電子レンジでチンするとどうなるのですか?

    <危険!試すべからず!これを読んでご想像下さい > チンする時間や卵の状態などにもよりますが、たいていの場合は「爆発」…内側の圧力で外にはじける現象、つまり「破裂」が起きます。 電子レンジは電磁波(電波)を当てて、食品の中にある水分を加熱します。卵の […]

    2020-10-27

    イカを焼くと丸くなるのはなぜですか

    皮と筋肉では 熱をうけて縮む度合いが異なるため イカの食べる部分は筋肉ですが、外側と内側に皮があります。調理するときには外側の皮をむきますが、多くの場合は内皮が残っています。また、外側の皮もいくつかの層になっているため、むいたと思っても薄い皮が残って […]

    2020-10-27

    お風呂に入ったときに湯船の壁やからだに小さな気泡がつくのはなぜ?

    とけていた空気が泡になる 湯船や体につく小さな気泡の正体は、ほとんどが水に溶けこんでいた空気だ。水道水は、水源である河川などから蛇口に届くまでの間、そして湯船に汲むときなどに、何度となく激しくかき混ぜられる。このときに空気が少しずつ溶けこんでいく。 […]

    2020-10-27

    黒板の文字は黒板消しでなぜ消えるのですか?

    チョークの粉を黒板の表面からふき取る 「なぜ消えるか」の前に、「なぜ書けるか」を考えてみましょう。黒板に書くときは、チョークを使います。チョークは、カルシウムなどの粉をかためたもので、黒板にこすりつけると少しずつけずれて、もとの粉になります。この粉が […]

    2020-10-27

    風船をふくらませたあと、手を離して空気が 抜けていくとき、ぐるぐるまわるのはなぜですか?

    空気の吹き出し口が重心からずれているため たとえば、ダンボールの箱を投げるところを考えてみよう。箱の中心(正確には重心)に向かって力がかかるように、箱の面のまん中に手を当ててまっすぐ押し出すと、箱はまっすぐに飛ぶ。でも、手を当てる場所を左右にずらした […]

    2020-10-27

    アイロンで衣服のしわがとれるのはなぜ?

    熱で繊維の分子が元に戻るため 布地の1か所が急な角度で折れ曲がり、元に戻らなくなった状態がしわです。折れるときに引っぱられるので、しわの部分では布が引き延ばされて薄くなっています。 布は細長い繊維でできていますが、繊維もまた細長い分子がからまり合って […]