お風呂に入ったときに湯船の壁やからだに小さな気泡がつくのはなぜ?

とけていた空気が泡になる

?

湯船や体につく小さな気泡の正体は、ほとんどが水に溶けこんでいた空気だ。水道水は、水源である河川などから蛇口に届くまでの間、そして湯船に汲むときなどに、何度となく激しくかき混ぜられる。このときに空気が少しずつ溶けこんでいく。

だから、水道水には、普通の状態より空気が少しだけ多く溶けている。湯船などに入れておくと、そのぶんの空気が泡になって出てくる…というしくみだ。なお、溶けている気体は、何かの表面にぶつかったときに泡になりやすい。その表面がすべすべでなく、小さなでこぼこがあればなおさらだ。だから湯船の壁(特に汚れが残っている部分など)や、皮膚、体毛に泡がつくわけ。なお、このしくみは空気以外の気体、たとえば二酸化炭素(炭酸ガス)でも同じ。炭酸ガスの溶けているサイダーなどに、つるつるのガラス棒とざらざらの割り箸を入れ、泡の出方を較べてみるとその違いがよくわかる。


山村 紳一郎 (サイエンスライター)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG