投稿者

AdachiYusuke

    • 2020-10-27

    雲が発生してから、消えてゆくまでを知りたい!

    水滴や氷の結晶でできる まず、雲が発生するのには次の3つのものが必要となります。 1. 雲粒の核となるもの(空気中の目には見えないちり、ほこり、火山灰、塩の結?晶など…) 2. 水蒸気(水がある温度をこえることで、蒸?発して気体となったもの) 3. […]

    • 2020-10-27

    黒板の文字は黒板消しでなぜ消えるのですか?

    チョークの粉を黒板の表面からふき取る 「なぜ消えるか」の前に、「なぜ書けるか」を考えてみましょう。黒板に書くときは、チョークを使います。チョークは、カルシウムなどの粉をかためたもので、黒板にこすりつけると少しずつけずれて、もとの粉になります。この粉が […]

    • 2020-10-27

    ヘリコプターはなぜ空中で止まったり、方向を変えたり自由にできるの?

    ふたつのプロペラで自在にコントロール ヘリコプターは、機体の上にメインローターという大きなプロペラがついています。メインローターは、機体を上に持ち上げようとする働き(飛行機の翼の働き)と、機体を前に進めようとする働き(飛行機のプロペラの働き)を同時に […]

    • 2020-10-27

    食塩が水にとけるとはどういうことですか?

    食塩は水に入れると結合が解ける 食塩はナトリウムと塩素がイオン結合で結びついている化合物です。イオン結合とはプラスの電荷を持つイオン物質とマイナスの電荷のイオン物質が結びつく化学結合です。原子は結合をする時に結びつく手の数が決まっており、ナトリウムは […]

    • 2020-10-27

    ソーラーパネルのしくみはどうなっているの?

    太陽の光が当たると 電子が飛び出す現象を利用している  太陽電池1個では、起こせる電力が少ないので、何個もつないで大きな電力を取り出せるようにしたものがソーラーパネルだ。人工衛星は大きなソーラーパネルを装備しているが、これは少しでも大きな電力を起こす […]

    • 2020-10-27

    どうして瞬間接着剤はすぐくっつくの?

    表面のすき間でくさびの働きをするという説と分子どうしがくっつくという説がある   瞬間接着剤には、シアノアクリレートという化合物が用いられています。この物質は、空気中の水分にふれると、一瞬のうちに連鎖的に結合して固まるという性質をもっています。容器の […]

    • 2020-10-27

    電子ピアノのしくみはどうなっているんですか?

    本物のピアノの音をデジタル化してチップに入れてある グランドピアノなどの普通のピアノは、中に金属の弦が張ってあって、鍵盤を押したときに連動して動くハンマーで弦を叩いて音を出しています。しかし、電子ピアノには弦がありません。ではどうして音を出しているか […]

    • 2020-10-27

    低気圧が来ると雨になるってどういうこと?

    低気圧付近では空気が上昇して、冷やされて雲になります。これが、やがて雨となって…   低気圧は、周りから空気が集まってきて、その空気が上昇気流となって上空へのぼっていく性質をもっています(前線付近や気圧の谷、台風も同じ性質です)。地面近くで暖かかった […]

    • 2020-10-27

    寒さに強い植物と弱い植物は何が違うの?

    基本的には植物の原生地で決まる 温度や水分、肥料など環境の影響もあり 日本は低温性から熱帯性まで、多様な種類の植物が見られる自然豊かな国のひとつです。その中には冬になって枯れる植物と枯れない植物があります。植物の寒さに対する反応はどのようにして決まる […]