タマネギを切ると涙がでるのはなぜ?

細胞のなかから硫化アリルがでてくるから

タマネギの皮をむいただけでは、それほど強い刺激はありません。さっと2つに切ったぐらいでも、涙が激しく出るというほどではありません。でも、みじん切りにしたりすりつぶすと、急に強い刺激のあるにおいが出ます。このことから、涙が出る原因は、タマネギをつくっている、細胞の中にあることがわかります。

実は、涙の原因になるのは、硫化アリルという物質です。包丁などで切るとタマネギの細胞が壊れ、中にある物質(アミノ酸や酵素の一種)が混ざり合って反応して、硫化アリルができます。これが蒸発して鼻や目の粘膜を刺激すると、神経から「涙を出して洗い流せ」という信号が出ます。粘膜を守るための、自然な体の反応なのです。

ちなみに、涙が出るのを避けるには、調理のときにタマネギを水にさらすとよいといわれます。原因になる物質が洗い流され、空中に飛び散る硫化アリルが減るためです。また、良く切れる包丁だと細胞をあまり壊さずに切ることができるので、硫化アリルが出にくくなるという効果があります。

山村 紳一郎 (サイエンスライター)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG