地球は太陽の周りを回っているのに、人は回っているように感じないのはなぜ?

人も景色も同じ速度で回転しているため

地球はものすごいスピードで宇宙を進み、1年かけて太陽の周りを回っています。その速さは時速約10万7000 km! 月や惑星に向かうロケットでも時速約4万kmですから、地球上にあるどんな乗り物よりも速いのが地球です。さらに、地球自身も1日1回転していて、赤道上では時速約1700kmもの速さになります。そんな超高速で動く地球に乗っているのに、なぜ私たちは何も感じないのでしょうか?
例えば、車に乗っているときは、窓の外の景色は流れていきます。窓をあければ風も感じます。ところが、地球は人間も景色も空気も一緒に乗せたまま運んでいるので、私たちに時速約10万7000kmの風が当たることもなければ景色も変わりません。おまけに地球は何もない宇宙空間をスムースに進んでいて揺れないので、私たちは動いている地球に乗っているなんて気がつかないのです。
そうはいっても、地球の外にある景色はゆっくりと流れています。地球が太陽の周りを回るにつれて、地球から見える夜空の方向が少しずつ変わるので、星々は毎日約4分ずつ早く昇り、星座が季節とともに移り変わっていきます。
(室井恭子)

 地球とロケットのイメージ図。

?

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG