なぜ水筒に炭酸水を入れてはいけないの?

中の圧力が高くなりすぎたり、金属が溶ける恐れがあるから

シュワシュワッという刺激が特徴の炭酸水。でもコップに注いでしばらくたつと、炭酸が減り、ただの水になってしまいます。それは炭酸の元である二酸化炭素が、高圧で水に溶けた状態から気体になり、抜けてしまうことで起こります。できれば長く炭酸を味わいたいと思って水筒に入れたくなることもありますが、それは絶対にしてはいけません。
炭酸水の温度が上がったり振動したりすると、水に溶けていられなくなった二酸化炭素が気体になり、密封された水筒の中の圧力がとても高くなります。すると、内側から強く押された水筒のフタが開かなくなり、ひどいときには壊れてしまいます。無理やりあけると、中の炭酸が吹き出したり壊れた水筒の破片が飛び散ったりします。
また、炭酸水は酸性の液体です。長く水筒に入れておくと中の金属が溶け出し、頭痛やめまい、吐き気などの中毒症状を起こすことがあります。他にもやかんなどの金属製の容器と、乳酸菌飲料や果汁飲料、スポーツドリンクなどの組み合わせは、中毒を起こすことがあるので入れないようにしましょう。
(佐倉美穂)

 水筒内での変化

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG