関節はどうしてポキポキなるの?体に悪いの?

気泡が発生する音と推測されるが、まだわかっていない

関節がポキポキとなる現象はとても身近なものではありますが、科学的な解明はまだされていません。そのため、音が発生するしくみや体への影響などの詳しいこともわかっていないのが現状です。
最近では、X線やMRIなどで画像検査をすると、関節が鳴るときに気泡像が見られること、音とともに気泡像が消えるということが指摘されるようになりました。このことから、関節腔内に発生した気泡の破裂音ではないかと推測することができます。もともと関節内は外よりも圧力が低い(このことを陰圧といいます)ので、強く曲げる、あるいは引っ張ることで、関節腔内がより強い陰圧となり、気泡が発生するという点では体のしくみとも理屈は一致しています。厳密な証明が待たれるところです。
いまのところ関節音を鳴らすことによって治療が必要となるような症例の正式な報告はないようですが、関節は靭帯と筋肉で守られており、動かせる幅には限りがあります。関節を通常よりも大きく伸ばすことを過伸展といいますが、あまり繰り返さない方がよいでしょう。
(防衛医科大学校教授 西田育弘)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG