「身近なヒント発明展」で「こども発明部門特別賞」を受賞した小学生の発明品が特許取得!

みんな、発明してますか~? 今回は、みんなと同じ小学生が特許を取得したという大ニュースのお知らせだよ! コカネットで展開中の「ぼくの発明きみの工夫」で審査員長を務めてくださっている松野先生と一緒に詳しく見ていこう★

こんにちは! 今回は、小学生の発明が特許を取得したという大ニュースのお知らせだよ! しかもこの発明、「ぼくの発明きみの工夫」でも紹介していた作品なのだ。すごいよね♪

 このたび、一般社団法人 発明学会が主催する「第27回 身近なヒント発明展」(令和5年度開催)で「こども発明部門特別賞」を受賞した発明作品「宿題たスケール」が特許を取得しました。

「宿題たスケール」

 「宿題たスケール」は大阪府在住の11歳・田中聖蘭さんが考案した学習に役立つ多機能定規で、コカネットの「ぼくの発明きみの工夫」でも取り上げた作品です。

特許証と「身近なヒント発明展」のメダルをもつ田中聖蘭さん
2023年「ぼくの発明 きみの工夫」審査会」ページより

 「宿題たスケール」は、長さ違いの定規と暗記シートを使い、

①プリントをノートに貼るため、切ることを前提にした枠のガイド
②国語などの字数制限がある問題の枠を定規のくり抜き部分をなぞることで数えることなく作成できる機能
③本来の定規としての機能
④持ち歩きに便利な暗記シート機能

を一体化した発明品です。

 発明学会の「こども発明1万円特許出願サポートプログラム」の支援によって、見事、特許取得の運びとなりました。通常、弁理士に特許出願を依頼すると30万円くらいかかりますが、このサポートプログラムでは、発明学会の顧問弁理士が1万円から特許を出願できるように支援を行っています(※サポートの対象者については、発明学会のサイトをご覧ください)。

現在は、商品化採用に向けて挑戦中とのこと。嬉しい続報を待ちたいですね。

「ぼくの発明きみの工夫」と「身近なヒント発明展」は同時応募できるから、キミも挑戦してみてね!

「ぼくの発明きみの工夫」のトップページはこちらから

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 6月号

CTR IMG