くじらちゃんロボットをつくってみよう

 今回はKoKa Shop!のページでも紹介している「くじらちゃんロボット」をつくってみよう。簡単
かんたん
につくれて、左右のヒレをバタバタさせることで動き回るかわいいロボットだよ。

くじらちゃんロボット

用意するもの

・ユカイな生きものロボットキット
・フェルト(2色)
 ※好きな色でいいけれど、くじららしくしたいなら、青や水色、白がオススメ)
・わりばし
・はさみ
・両面テープ

ユカイな生きものロボットキット一式
ユカイな生きものロボットキット
フェルトなど他の材料
キットに含まれない、フェルトやわりばしは用意してね

くじらちゃんロボットのつくり方

必要なものが用意できたら、さっそくつくりはじめよう!

① 「ユカイな生きものロボットキット」に入っているプラ段ボールの四隅を丸く切る。これを2枚用意する。これが胴体になるよ。

プラダンを切る

② ①でつくった胴体に、両面テープでフェルトを貼り付けて、胴体の形と同じ大きさに切る。下(くじらちゃんの腹側)の胴体はピンク、上(くじらちゃんの背側)の胴体は水色のフェルトにした。

切った胴体に両面テープを貼る
プラ段ボールでつくった胴体に両面テープを貼り付ける
フェルトを胴体に貼り付けて、胴体の大きさで切る
フェルトを胴体貼り付けて、その形に合わせて切る
胴体2枚分つくる
上側の胴体(水色のフェルト)、下側の胴体(ピンクのフェルト)をつくる

③ 下の胴体に両面テープでモーターを固定する。モーターをつける位置は写真を参考にしてね。この時モーターについているコードが、ロボットの内側に来るようにすると、モーターの回転にコードが巻き込まれなくなる。

下の胴体にモーターを貼り付ける

 モーターを固定したら、上の胴体を貼ろう。この時、モーターの上側に両面テープを貼って、それから胴体を貼り付けるとやりやすい。

上の胴体を貼り付ける

④ 次に、わりばしでしっぽをつくる。まずはわりばしを端から約5cmのところで切る。わりはしは少しかたいので、切るときはけがをしないように気をつけよう。難しいときは、大人のひとに手伝ってもらうといいよ。

割りばしを切る

⑤ 長いほうのわりばしに両面テープを貼って、上の胴体に写真のように貼り付ける。

長いほうのわりばしに両面テープをつける
長いほうのわりばしに、両面テープを貼る
胴体に割りばしを貼り付ける
上の胴体に、しっぽ部分が出る程度にわりばしを貼り付ける

⑥ プラ段ボールとフェルトで尾ひれをつくる。胴体から飛び出しているわりばしの長さで、長方形に切ったプラ段ボールを用意する。このとき、プラ段ボールの折り目と、割りばしの方向が同じになるようにする。

尾ひれになるパーツをプラダンでつくる

⑦ プラ段ボールの長方形を、両面テープでわりばしに固定する。

胴体に付けた割りばしに尾ひれのパーツをつける

⑧ わりばしをはさむようにプラ段ボールを折る。

プラダンを折る

⑨ 尾びれらしく見えるように、前側を斜めにカットする。

尾ヒレらしく斜めにカットする

⓾ 水色のフェルトをプラ段ボールの尾びれに貼り付ける。

フェルトを尾ひれに貼る

⑪ 次に、足をつくろう。「ユカイな生きものロボットキット」に入っている、長い結束バンド(乳白色の物)を、モーターの軸に巻きつける。

モーターの軸に結束バンドを貼り付ける

⑫ 結束バンドを先端から約2㎝くらいでカットする。

結束バンドを端から2cmくらいのところで切る

⑬ 結束バンドの足先にヒレをつけよう。プラダンを約8×4cm程度に切ったものを2枚用意して、両面テープで結束バンドに貼り付ける。

結束バンドの足先にプラダンの部品をつけてひれにする

⑭ 足のヒレのプラ段ボールに、両面テープで水色のフェルトを貼り付ける。

プラダンのひれに、フェルトを貼り付ける

⑮ 最後に、「ユカイな生きものロボットキット」に入っている目玉を貼り付けて、くじらちゃんロボットが完成!

くじらちゃんロボット完成

 くじらちゃんロボットができたら、ココロキットをつないでプログラミングをしてみよう!

kurikitのビジュアルプログラミングでココロキットをプログラミングしてみようへ進む

「ココロキットでロボットプログラミング!」TOPに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG