大昔の望遠鏡を再現してみよう「ケプラー式望遠鏡」-自由研究スペシャル

 ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが考案した望遠鏡。

■テーマ:光
■所要時間:2日
■難易度:難しい

用意するもの

●材料
・段ボール
・虫眼鏡のレンズ(大、小)
・黒い絵の具
 など

●道具
・鉛筆
・カッター
・カッターマット
・定規
・筆
・木工用接着剤
 など

つくり方

①段ボールを図のサイズにカットして、対物部分を切り出す。
②パーツCの裏面を黒く塗る。
③パーツCを筒状に組み立てる。パーツBの内側にレンズを入れ、図を参考にして木工接着剤でA・BをCに取りつける。
④パーツCのレンズをつけた反対側の内側の長さを測る。この長さをaとする。
⑤段ボールを図のサイズにカットして、接眼部分を切り出す。bの長さは④で測ったaから5㎜引いた長さ。
⑥パーツFの裏面を②と同じように黒く塗り、③と同じようにD・EをFに取りつけ、組み立てる。
⑦FをCの中に入れ完成。

使い方

注意
目を痛める恐れがあるので、望遠鏡や虫眼鏡で、太陽を絶対にのぞかないこと。また、レンズが光を集めて火事を起こす危険性があるので、望遠鏡や虫眼鏡は、日光の当たらないところに保管すること。

 小さい方のレンズ側から望遠鏡をのぞき、鏡筒を伸ばしたり縮めたりして対象物を見てみよう! 近くを見るときは左のように鏡筒を伸ばし、遠くを見るときは右のように鏡筒を縮める。

●調整の仕方

 一番縮めた状態でも、遠くの物にピントが合わないときは、Cのパーツをレンズと反対側から50mmぐらいカットしてみよう。それでもピントが合わないときは、FをカットしCもさらにカットして、全体の長さを短くしよう。

(工作・写真・イラスト/久保政喜 ことり社)

「夏休み自由研究スペシャルサイト」に戻る

ケプラー式望遠鏡のしくみ

 ケプラー式望遠鏡のしくみ解説と望遠鏡を仕上げる工作の工夫についての説明は、コカネットプレミアム会員になると見られます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 10月号

CTR IMG