【7/31(日)緊急追加講座16:00】古生物学者のおすすめ自由研究講座&バーチャル化石発掘ツアー -自由研究フェス!2022

7/31(日)14:00~の講座は満席につき、16:00~17:30にて追加講座を設置しました。ご参加希望の方は16:00~の講座をお申し込みください。

 化石の研究を専門としながら、陸上や海底などのさまざまな精密地形模型をつくり、地球科学をプロジェクションマッピングなどで「見える化」する技術の研究を進める芝原暁彦先生。この講座では、そんな新進気鋭の古生物学者が、自由研究に役立つ古生物の化石や地質の研究テーマについてお話するぞ。

 さらに、芝原先生がメタバースプラットフォーム「cluster」の中につくり上げた「メタバース地球科学ミュージアム」もご案内!

メタバース地球科学ミュージアムの中では、リアル博物館では絶対にしちゃいけない、化石にのって遊ぶなんてことも自由にできる!(Ⓒcluster)
芝原先生がメタバース上でつくった日本列島の地形図。アバターになって動き回りながら観察することができる。(Ⓒcluster)

 メタバース上で化石発掘体験もできるスペシャルプログラムだ!

コカネットプレミアム(DX)会員プレゼント特典
当日ご参加いただいたプレミアム(DX)会員の中から抽選で10名様に、芝原先生おすすめの本物の化石をプレゼントします! 応募方法はワークショップの最後に、Zoomのチャットにてお知らせいたします。

開催概要

■日時

2022年7月31日(日)14:00~15:30 16:00~17:30【追加講座】

■講師

芝原暁彦先生(地球科学可視化技術研究所)

しばはら・あきひこ 地球科学可視化技術研究所所長。古生物学者、恐竜学研究所 客員教授。博士(理学)。1978年福井県出身。18歳から20歳まで福井県の恐竜発掘に参加し、その後は北太平洋やオマーンなどで微化石の調査を行う。筑波大学で博士号を取得後は、(国研)産業技術総合研究所で化石標本の3D計測やVR展示、3Dプロジェクションマッピングなど、博物館展示と地球科学の可視化に関する研究を行った。2016年にはこれらの技術をもとに産総研発ベンチャー地球技研を設立、「未来の博物館」を創出するための研究を続けている。また東京地学協会、日本地図学会の各委員を兼任。専門は地球科学、博物館学、CAD、GIS。

■開催形式

Zoomにてオンライン開催

■対象

 小中学生を対象としますが、高校生以上の方もご参加いただけます。また、ご家族で一緒にご参加いただくことも可能です。

■事前準備

 講座の後半では、芝原先生がつくった「メタバース地球科学ミュージアム」をご案内し、希望者は実際に入って化石発掘体験を行う予定です。こちらにご参加いただくためには、事前にメタバースプラットフォーム「cluster」のアプリをインストールする必要があります。

 イベント前に一度、以下よりアプリをインストールし、「メタバース地球科学ミュージアム」に入れるかお試しください。

https://cluster.mu/w/794848c0-2159-4dd5-a77c-bdeb41443d32

※準備の詳細は、参加者用URLをお送りする際にも詳しくお知らせします。

■参加方法

 こちらはコカネットプレミアム(DX)会員限定講座になります。コカネットプレミアム(DX)会員にご登録の上、以下のフォームより受講したい講座を選択してお申し込みください。コカネットプレミアム(DX)会員全6講座すべて無料でお申し込みいただけます。

【お申し込み締切2022年7月26日(火)】※定員100名になり次第、受付終了となります。

「自由研究フェス!2022」のタイムテーブルは以下でご確認ください。

「自由研究フェス!2022」公式サイトはこちら
タイムテーブルのPDFダウンロードはこちら

確認事項

●参加者のみなさまには、7/27(水)にメールにてZoomの参加者用URLをお送りします。お送りしたメールが迷惑メールフォルダなどに入っている場合がありますので、よくご確認をお願いします。URLが届かないという場合は、7/28(木)までお問い合わせフォームにご連絡ください。
●当日は『子供の科学』のスタッフが講座の模様を記録する場合がございます。当日の様子の画面および録画した動画は、『子供の科学』や関連サイトに掲載されるほか、『子供の科学』の宣伝等に使用される場合がありますのであらかじめご承知おきください。

「自由研究フェス!2022」公式サイトTOPに戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 7月号

CTR IMG