耐水性を持たせて、植木鉢に「遺跡風プランター」-自由研究スペシャル

 文明社会が滅び、緑が生い茂った古代遺跡を思わせるプランター。

写真ではエンムギの種子を使用。ペット用品店で猫草として売られているよ!

注意
プランターで育てた植物は、塗料などの成分が溶け込んでいる可能性があるので、食べたりペットに与えたりしないように!!

■テーマ:植物
■所要時間:8日
■難易度:カンタン

用意するもの

●材料
・段ボール
・植物の種子
・土
・耐水性のニス
 など

●道具
・鉛筆
・定規
・カッター
・カッターマット
・グルーガン
・筆
・目打ち
 など

つくり方

①展開図を参考に皿状のパーツをつくる。グルーガンで接着して組み立てる。
② ①と同じように、筒状のパーツをつくる。
③ ①でつくったパーツに、目打ちを使って、水抜き用の穴をあける。
④ ②でつくったパーツをグルーガンで固定する。
⑤ニスを塗って、段ボールに耐水性を持たせる。
⑥土をプランターに入れる。種子の上にかける土を残しておこう。
⑦土の上に種子をまく。種子の上に薄く土をかけ、乾燥を防ぐようにしよう。
⑧植物に合った手入れをして、育てよう!

(工作・写真・イラスト/久保政喜 ことり社)

「夏休み自由研究スペシャルサイト」に戻る

工作のポイント

 遺跡風プランターの工作の工夫や観察のコツについての説明は、コカネットプレミアム会員になると見られます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG