《ロジカル・ミステリー・ツアー》シュークリームレシピを投稿しよう【2024年5月号】

画像提供/松井博司

まんが「ロジカル・ミステリー・ツアー」第2シーズンでは、お菓子にまつわる不思議を科学で解明していくストーリーを展開中!  

 ここでは、本誌で紹介しているスイーツに関連するレシピを紹介するよ。ぜひ家族や友達と一緒につくってみてね。そして、完成した作品の写真を撮って投稿してほしい!

 今回トライするのはシュークリームレシピ★ 『子供の科学』4月号と5月号の本誌まんがもあわせて見てみよう。

【材料】約6~8個分
●シュー生地
水…100ml
無塩バター…50g
塩…1g(少なめひとつまみ)
薄力粉…75g
全卵…150g(目安の量)

※水の代わりに半分程度を牛乳で代用してもOK。
※大きく膨らませたいときはベーキングパウダーを1g程度、薄力粉と一緒にふるう。

●カスタードクリーム
卵黄…2個
薄力粉(またはコーンスターチ)…35g
グラニュー糖…60g
牛乳…300ml
バニラエッセンス…適量
無塩バター…15g
(お好みで生クリーム50ml)

※生クリームを入れたい場合はカスタードクリームを冷やした後に加える。

シュー生地のつくり方

1.鍋に水(または牛乳)、バター、塩を入れて中火にかける。
2.沸騰したら火を止め、ふるった薄力粉をすべて入れる。泡だて器などでしっかり混ぜ、スパテラ(ゴムベラ)でこねる(押しつけながら練る)。
温度が下がった場合は弱火であたためながらこねる。水気がなくなり少し底に膜ができる程度を目安にする。
3.(2)をボウルに移し、溶きほぐした卵を少しづつ(30g程度に分けて)加える。卵の量は、すくい上げてゆっくり生地が落ちる程度の硬さになるまで入れる。(生地の硬さで決め、全部入れなくてもよい)
4.ベーキングシートを敷いたオーブンの天板に、(3)を丸口金つきの絞り袋に入れ、丸く絞る(大スプーンですくって流すのでもよい)。このとき、生地は直径約5cm、厚み8mm程度にする。
5.霧吹きで表面に霧を吹きかける(刷毛で軽くぬらしてもよい)。
6.200度にあたためたオーブンに入れ、180度で25分焼く。
7.焼き色がつくまで時間を調整する。焼き色がついたら、オーブンをあけずに5分程度蒸らす。
8.7を取り出して天板を外し、冷ます。

【カスタードクリームのつくり方】

1.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、よく混ぜ合わせる。
2.ふるった薄力粉(またはコーンスターチ)を入れて軽く混ぜる。
3.あたためた牛乳を(2)に加えて混ぜ、鍋にこす。
4.鍋を加熱し混ぜながら、焦がさないように炊き上げる。充分に加熱殺菌をする。中心からぶくぶくと突沸が起こるまでは火を止めない。
5.火を止めてバターを入れて混ぜ、ボウルに移してラップをかけ、冷蔵庫で20~30分急冷する。
6.生クリームを加える場合は、冷えてから少しずつ加える。
7.シュー生地を下から2/3高さで斜めに1/2くらいまで切る(切り落とさない)。カスタードクリームを絞ってつめる(スプーンでつめてもよい)。

カスタードクリームは、冷蔵庫で冷やす以外に、直接、密着ラップをして、氷水で冷やす方法もあるよ。
また、シュー生地はふたのように切り落としてクリームをつめてもOK。やりやすい方で試してみよう。
シュークリームが完成したら、写真を撮って投稿だ!

【投稿する前にご確認いただきたいこと】
※投稿された画像やコメント、お名前、学年の情報は、『子供の科学』本誌やコカネット、子供の科学に関連する書籍にて使用する可能性があります。あらかじめご了承ください。

今回紹介した以外にもシュークリームを応用したスイーツレシピはいろいろあるよ! この機会に調べてみよう。

コカネットでは「ロジカル・ミステリー・ツアー」の生物編を読めるよ。こちらもぜひ見てみてね!

子供の科学2024年5月号

今号は「ゲームのつくり方」特集! プロクリエイターが、アナログとプログラミングの2パターンのゲームのつくり方を伝授します。自分好みのゲームをつくって遊んでみましょう! 付録は「いきものづきあい MINIルールブック」。知らないうちにルール違反しがちな「野外に放してはいけないいきもの」について、まんがで紹介。その他、H3ロケットの打ち上げに関する記事やかわいいネコたちが実験をする新連載まんがも登場!

5月号の詳細はこちら

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 6月号

CTR IMG