micro:bitで操縦するロボットをつくろう!

 micro:bit(マイクロビット)は手のひらサイズの小さなコンピューター。いろいろな機能
(きのう)

(そな)
わっていて、自分でプログラミングをすることができるよ。ブログラミングは「MakeCode(メイクコード) for micro:bit」を使えば、初心者
(しょしんしゃ)
でもかんたんにできるんだ。

 前回の「micro:bitでサーボモーターを動かそう」では、micro:bitに「ベーシックモジュール」と「電池
でんち
モジュール」を組み合わせることで、サーボモーターを動かすことができたよね。そこで今回は、micro:bit で操縦
そうじゅう
するかんたんなロボットをつくってみよう。

 今回も、「KoKa micro:bit実験・工作キット」に入っている「ベーシックモジュール」と「電池モジュール」、それにサーボモーター「FS90」を使うよ。

KoKa micro:bit実験工作キット
KoKa micro:bit実験・工作キット

1 紙コップロボットをつくろう

 キットに入っているモーターは1個なので、紙コップを使って左右に体を
る動きをするロボットをつくっていこう。

 まずはロボットをつくる材料
ざいりょう
をそろえよう。

【準備するもの】
● 紙コップ(2個)
● 両面テープ
● 
だん
ボール
● テープ(ビニールテープや、
かざ
りつけも考えたら、マスキングテープでもいいよ)
● ペン、色紙など(紙コップをデザインするために使うもの)

紙コップロボとの材料

①  紙コップは
そこ
から1/3くらいの高さで切る。上の方をひっくり返して、切った底の方を中に入れる。切り口同士を
かさ
ねて
ビニールテープで止める。

 段ボールの土台
どだい
にサーボモーターを貼り付けて、さっきつくったコップをセットする。

紙コップ
紙コップロボットの構造(ここではわかりやすくするために、透明のプラスチックコップでつくっているよ)

② 上からもう1つのコップをかぶせたら完成
かんせい
だ。外側のコップには、ペンで顔を
いたり、色紙やマスキングテープなどで飾ったりしてもいいよ。

外側の紙コップを付ける

② サーボモーターの端子
たんし
をベーシックモジュールの端子に差し込んだら、micro:bitからロボットをコントロールできるゾ。テストで、前回つくったプログラムを動かしてみよう。

micro:bitから紙コップロボットを動かす

 それがうまくいったら、次はこのロボットと一緒
いっしょ

あそ
べるプログラムをつくってみよう。

2  紙コップロボットと「あっち向いてほい」で遊ぼう

 紙コップロボットが出来上
できあ
がったら、「あっち向いてほい」をして遊べるプログラムをつくろう。
 ボタンAとボタンBを一緒に押すと、ロボットがちょっと体を振って、micro:bitのLEDディスプレイに「?」が表示される。これが「あっち向いて……」の状態
じょうたい
だ。
 ボタンAかBを押したら、「ほい」になる。ロボットはどっちに向くかな?

 プログラムの内容は次のようになるよ。

 このプログラムでは、関数
かんすう
を使っている。「関数」カテゴリーで「あっち向いて」「ほい左」「ほい右」という名前の関数を新しくつくって、次のように設定
せってい
しているよ。
 「ほい左」と「ほい右」は「あっち向いてほい」の「ほい」でボタンを押したときの動きを設定している。

 関数「あっち向いて」では「あっち向いて」のときにロボットがプルプル左右に体を振る動きを設定している。
 「一時停止
いちじていし
(ミリ秒)」ブロックで、指定する時間を変えて、プルプル左右に体を振る動きに変化をつけているよ。

 プログラムができたら、ロボットと「あっち向いてほい」をやって遊んでみてね! キミがロボットを操縦して、家族や友だちに「あっち向いてほい」をやってもらうのも楽しいかもしれないよ!

CoderDojo生駒「紙コップロボット」
今回つくった「紙コップロボット」は、CoderDojo生駒
いこま
主催者
しゅさいしゃ
である石川
いしかわ
さんが考案
こうあん
されたものを参考
さんこう
にしているよ。

CoderDojo生駒ホームページ
https://coderdojo-nara-ikoma.github.io/

 今回はサーボモーターを使った工作をしてみたよ。プログラムは「あっち向いてほい」で遊べるようにしたけど、micro:bitのセンサーやLEDディスプレイと組み合わせて、もっと他のことができるようにするのもいいね。ぜひいろいろつくってみてほしい。

 次回は、「KoKa micro:bit実験・工作キット」に入っている、フルカラーLEDを使ってみるよ。お楽しみに!

(文/倉本大資 撮影/青柳敏史)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG