歌手はなぜイヤモニをするの?

大音量から耳を守り、聴きたい音だけ聴くため

イヤモニとは、正式には「イン・イヤー・モニター(耳の中のモニターという意味)」といい、超小型のスピーカーが埋め込まれています。このモニターからは決められた特定の音だけを聴くことができるので、コンサートでイヤモニをつけると、ミュージシャンは難聴などの原因となる大音量を防いで、演奏に必要な音だけを直接聴くことができます。では、イヤモニで何を聴くのでしょう?
実は、コンサートなどで会場に流れている歌や演奏は、ステージからは聴きとれなかったり、会場の反響でリズムやテンポがズレて聴こえてしまいます。そのため、ミュージシャンは演奏しづらくなります。そこで、自分たちの演奏した音をミキサーという機械に集め、歌と楽器の音をミックスして音量や音質を整えて、聴きとりやすくしてモニターから流します。コンサートのステージ前方には箱状の据え置き型のモニターもありますが、イヤモニなら会場のどこにいても正確に音が聴け、耳の機能も守れます。
(ジェイフォニック株式会社 大八木哲夫)

イン・イヤー・モニター(イヤモニ)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG