太陽も地球みたいに回っていますか?

太陽も自転していることは、黒点の移動で観測できる

まずは、写真を見てください。昨年10月24日、26日、28日の太陽の表面の様子です。黒点と呼ばれる太陽表面の黒い模様の位置に注目してみましょう。
日にちを追うごとに黒点が右の方へと移動していますね。これに最初に気がついたのは今から約400年前の1613年、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイでした。彼は、スケッチした黒点の動きを見ながら、太陽が回っているからだと考えました。黒点が1周して元の位置に戻ってくるのに約25日かかります。これが太陽の自転周期です。
しかし1860年代になると、自転周期がなんと緯度ごとに違うことがわかってきました。赤道付近が一番速くて約25日、極に近いところほど遅くなり約30日かかっていたのです。まるで表面がねじれたように回転しているのは、太陽が地球のような固い星ではなく、ガスでできた星だからです。でもこの速さの違いがダイナミックな活動の源にもなっています。
また、地球は太陽の周りを回っていますが(公転)、太陽もどこかの周りを回っているのでしょうか? 太陽は、銀河系と呼ばれる何千億個もの星の大集団の一員で、その中を秒速200km以上ものスピードで移動しています。私達の地球も太陽に引き連れられて銀河系の中を旅しているのです。銀河系を1周するのに2億年以上もかかる銀河旅行です!
(室井恭子)

(左から)2014年10月24日、26日、28日の太陽黒点の写真。(画像/国立天文台)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG