地球から宇宙ステーションまでエレベーターでつながるの?

宇宙エレベーターを実現するために研究・開発中

ご質問の通り、地球と宇宙ステーションを強いケーブルでつなげて、そのケーブルを昇り降りする乗り物をつくろうとする計画があります。この計画は50年前以上前にロシアの科学者ユーリ・アルツターノフが考え出したもので「宇宙エレベーター」と呼ばれました。今ではロケットでたくさんの材料を宇宙へ運び、国際宇宙ステーションをつくることもできるようになったので、宇宙エレベーターもつくれるかもしれないということで、その実現のための研究が始まっているのです。

ただし、今、宇宙にある国際宇宙ステーションと地球をケーブルでつなぐのではなく、図1にあるように、もう少し地球から離れたところに宇宙ステーションをつくる必要があること、地球側にも赤道近くの海上に人口の島をつくらなければならないということ、さらに、両者をつなぐ強いケーブルもまだ開発中ということで、今すぐにはつくり始められません。

宇宙エレベーターは少ない燃料(エネルギー)でたくさんの荷物を積んで宇宙へ行くために開発するので、ロケットほどのスピードは出せないと考えられています。そのため、食堂やベッド、シャワーも必要で、エレベーターというよりも、車両が連結した宇宙へ向かう列車を想像するとよいでしょう。この開発も始まったばかりです。でも宇宙エレベーターができれば、訓練を重ねた宇宙飛行士だけでなく、多くの人々が安全に宇宙に行けるようになり、一度にたくさんの荷物も運べるので、宇宙に新しい工場や実験施設、太陽光発電所、病院などができるかもしれません。また、宇宙エレベーターはエレベーターのように途中で止まることもできるので、オーロラや地球がきれいに見える場所で止まって観測や記念撮影もできると思います。

図1 エレベーターは海上ステーションから静止ステーション、静止ステーションからカウンターウェイト(重り)を行ったり来たりする。

青木義男(日本大学理工学部)

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 10月号

CTR IMG