惑星の形はなぜほとんど丸いのか?

おもに重力のはたらきによりほとんどの天体は球体である

たとえば地面に砂をこぼすと、小さな山ができる。でも接着剤などでかためない限り、砂の山はいつしか崩れ、長い時間をかけて重力のはたらきで平ら…つまり丸い地球の表面と同じになる。逆に、地面を掘ってへこみをつくっても、放置しておけばやはり重力のはたらきで砂や土が落ち込んで、最後は平らになってしまう。地球の重力は、天体の表面が出っぱったりへこんだりするのを元に戻すようにはたらいている。

また、天体は宇宙空間にあるガスやチリなどの物質が集まって誕生する。重力は距離が近ければより強く(正確には距離の二乗に反比例して)はたらくので、いったん物質が集まってくると、周囲の物質はまん中へと引き寄せられる。このとき、物質の重力は周囲のあらゆる方向に向けてはたらいているから、物質の集まりは周囲のどの方向からも同じように押しつけられ、それぞれの物質が崩れたりつぶされたりして、結果として球になる。

ただし、実際にはほとんどの天体は回転(自転)しているため、球の形が遠心力で少し横に広がっている。また、重力がそれほど大きくない小惑星などの天体は、ぼこぼこと出っぱりがある独特な形をしているんだ。

山村 紳一郎 (サイエンスライター)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG