イヌはなぜサイレンに合わせて遠吠えする?-もっと知りたい!イヌネコのふしぎ

 救急車や消防車のサイレンが聞こえると、サイレンの音に合わせてイヌが遠ぼえをすることがあります。これは、イヌの祖先であるオオカミがする遠ぼえのなごりだと考えられています。

 群れで生活しているオオカミは、群れの仲間に自分の位置を知らせたり、ほかの群れのオオカミに自分の存在を示すために遠ぼえをします。1頭のオオカミが遠ぼえをすると、それに返事をするようにほかのオオカミも遠ぼえをするので、オオカミの生息地では連続して遠ぼえが聞こえることがあります。

 オオカミとくらべると、イヌは遠ぼえをすることは少ないのですが、救急車や消防車のサイレンを耳にして、返事をするように遠ぼえをするイヌもいます。屋外の音が聞きにくい室内で飼われているイヌでも、ピアノやオーディオのスピーカーから発せられる音に反応して遠ぼえをすることもあります。

 イヌがサイレンやピアノの音などに反応して遠ぼえをするのは、仲間に「ここにいるよ」と伝えているのかもしれません。仲間との一つのコミュニケーションなのでしょう。

「イヌ派vsネコ派」最高の相棒決定選挙スペシャルサイトに戻る

取材・文

斉藤勝司 著者の記事一覧

サイエンスライター。1968年、大阪府生まれ。東京水産大学(現東京海洋大学)卒業後、ライターとなり、最新の研究成果を取材し、科学雑誌を中心に記事を発表している。著書に『がん治療の正しい知識』、『寄生虫の奇妙な世界』、『イヌとネコの体の不思議』、『群れるいきもの』などがある。

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 10月号

CTR IMG