【サイエンス“手に職”図鑑】機械学習エンジニア/大量のデータを使って、機械に学習させる仕事

【AI開発を引っぱる度 ★★★

株式会社ししまろ、油井志郎
ゆいしろう
さんに聞きました。

キャリアプラン

大学の理工系学部
システム会社でITエンジニアのキャリア形成
機械学習エンジニアに転身

※最近では、エンジニアでない人向けのスクールで勉強してから、機械学習エンジニアになるケースもある。

仕事データ

勤務時間/1日8時間~
休日/週休2日
働ける年齢 /定年はないので働けるだけ

現場のお話を聞いてみよう!

ゴールすれば世界は変わる でも正解は誰にもわからない

 みなさんは、AIという言葉をよく耳にすると思います。今世界中でAIがどんどん開発されています。それを支えているのが、ビッグデータと、機械学習という計算方法の発展です。機械学習の1つであるディープラーニングという手法によって、今AIの進展は加速しています。このAI開発の重要な部分を担うのが機械学習エンジニアです。

 そのおもな仕事は、コンピューター(機械)が自動的に学習するように処理することです。これによって、コンピューター自身がビッグデータの中にあるルールやパターンを見つけ出して、AIが開発されていきます。

 AI開発での機械学習は、前例のないこと、新しいことばかりです。そのため試行錯誤しながら仕事を進めることになります。ところが、どんなに頑張っても結果が出ないことがあります。仕事が苦しいときは、初めて電球を作ったエジソンや初めて安全なワクチンを作ったジェンナーのことを思い浮かべて、努力はいつか実り成果が出ると信じて乗り越えていきます。機械学習がうまく進み、AIの試作版ができたときはとてもうれしい瞬間なのです。そして、それらが実際に製品やサービスになれば、世の中の役に立ったことを実感できて、それまでの苦労が報われます。

算数力と調べる力 コツコツできる人向き

 この仕事をするのに必要なことがあります。1つは新しいことに関心があること。もう1つは、諦めずに1つ1つこなして物事を進められる能力。例えば、宿題を毎日やるなど、地道に1つ1つやり遂げられるようにいろいろな工夫をすると、この仕事をめざすときに役立つでしょう。

 将来、機械学習エンジニアになりたいと思ったら、勉強も大事です。とくに算数。算数の知識は将来とても役に立ちます。さらに、筋みちだてて、物事を考える力を鍛えることにもつながります。また、英語や中国語も重要です。機械学習の論文は英語や中国語で発表されているものが多いからです。

 プログラミング言語も、小学生でもできるものを探して、どんどんやってみましょう。そうすると、プログラミング言語の知識が身につくだけでなく、調べる力もついてきます。ただし、あまり難しいプログラミング言語だと、やる気がなくなってしまうかもしれません。少しずつレベルアップしていくのがオススメです。

こうやって稼いでいます!

・開発するAIのイメージ、例えば、どのような目的で、どのように使うのかをしっかり決める
・開発の目的にあったデータ、網羅的で質のよいデータを集める
・機械学習のプログラムを行う
・機械学習の結果を検証して、データを集め直したり、機械学習のプログラムを修正する
<その他>
・書籍の出版、セミナーなどでの講演
・起業する人もいる

年収

400〜1200万円

★お仕事メモ★
近年、注目されているのがディープラーニングという機械学習で、自動運転や顔認証システムでのAI開発にも利用されている。AIを車にたとえると、ディープラーニングはエンジンのようなもの。

(文/保谷彰彦 イラスト/アカハナ ドラゴン)

AIにとってかわられない職業図鑑に戻る

最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 10月号

CTR IMG