日焼け止めはどうして効くの?

日焼けの原因の紫外線を吸収したり散乱させるから

日光に長く当たると肌が赤くヒリヒリしたり、黒くなったりしますね。これは日焼けの症状で、日光の中でもエネルギーの大きい紫外線が起こしています。日焼け対策はこの紫外線を予防することが基本です。
日焼け止めの成分には、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります(図1)。吸収剤は紫外線を吸収すると分子が不安定な状態になり、熱エネルギーを出して元の安定した状態に戻るというサイクルを繰り返して肌を紫外線から守ります。
紫外線散乱剤には酸化チタンや酸化亜鉛などの金属の粉が使われていて、肌の上に膜をつくり、紫外線を散乱、反射させて体に届く前に防ぎます。
紫外線の影響は大きく、肌の奥の細胞をつなげているタンパク質を傷めてシワを引き起こしたり、ひどいときにはDNAのダメージが重なって皮膚ガンになることもあります。上手に日焼け止めを使い、帽子なども利用して紫外線対策を心がけましょう。
(佐倉美穂)

図1 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のしくみ

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG