女王アリはどうやって生まれるの?

特別な育てられ方をされているようだが未解明

種類によっても違うけれど、多くのアリの巣の中には1頭の女王アリとたくさんの働きアリがいて、女王だけが卵を産んで、働きアリを増やすことができる。この女王アリと働きアリはみんなメスなんだ。
アリやハチの仲間は他の昆虫と違って、交尾した後、数年にわたってオスの精子を体の中に取っておくことができる。この精子と受精させた卵からはメスのアリが生まれてくる。受精しなかった卵はオスになる。
アリは1年の中で特定の時期にだけ、女王となるアリと、王となるオスのアリの卵を産む。この卵から育った成虫が羽アリとなって巣から飛び立ち(写真)、交尾を終えた新女王が次の世代の巣をつくるんだ。
このようにオスとメスは受精したかどうかで産み分けられているけれど、女王アリと働きアリはどちらも受精卵から生まれたメスという点で同じ。ではなぜ、特定の卵だけが女王アリになるのだろうか。ミツバチの場合、ロイヤルゼリーのような特別なエサを与えることで女王バチに成長する。アリの場合も、卵からかえった幼虫に豊富なエサが与えられるなど、いろいろな条件が重なることで、新女王になると考えられている。しかし、実はまだ詳しいことがよくわかっていないんだ。
(農業生物資源研究所 神村 学)

巣の外に飛び立ったクロオオアリの新女王。

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG