イヌネコヒトの鼻くらべ-もっと知りたい!イヌネコのふしぎ

イヌ、ネコ、ヒトがにおいを感じるしくみ

 私たちがにおいを感じることができるのは、空気中をただようにおいのもととなる、目に見えない小さな物質が鼻に入るからです。

 ヒト、イヌ、ネコを含むほ乳類の場合、鼻は、「鼻中隔
びちゅうかく
」と呼ばれる壁によって左右に仕切られています。鼻の中の皮膚は「ボーマン
せん
」という器官から出てくる液体(粘液)でおおわれていて、鼻の内側はいつもしっとりとぬれています。粘液でぬれている、鼻の中の皮膚のことを粘膜と呼びます。

 においのもとが鼻の中に入ると粘液にとけて、鼻の皮膚にある「嗅細胞
きゅうさいぼう
」という細胞に達します。この嗅細胞は神経の一種で、においのもとを受け取ると電気の信号に変えて脳に伝え、それがにおいとして感じられるのです。

 こうしたにおいを感じるしくみは、ヒト、イヌ、ネコに共通しています。においをかぐときは、においのもとをより多く鼻の中に入れたほうがいいので、ヒトも、イヌも、ネコもくんくんかいで、においのもとを鼻の中に吸いこもうとするのです。

こんなにすごい!イヌ、ネコの嗅覚

 ここから先はコカネットプレミアム会員になると閲覧できます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 10月号

CTR IMG