5人のムシ博士と多様性の扉を開け! 特別展「昆虫MANIAC」【国立科学博物館、7月13日(土)~10月14日(月・祝)】

これぞ『子供の科学』読者のための展示⁉ 国立科学博物館でこの夏開催される注目の特別展を紹介するよ。その名も「昆虫MANIAC」。どんなふうに“マニアック”なのか? ここでは見どころを一部ご紹介★

 国立科学博物館では、2024年7月13日(土)~10月14日(月・祝)まで、特別展「昆虫MANIAC」を開催。国立科学博物館の5人のムシ博士が選んだマニアックな昆虫標本や、巨大昆虫模型の展示、最新の昆虫研究についてなど、盛りだくさんの内容だ。

博士たちの手にかかれば、おなじみの昆虫さえもマニアックに深掘り!

 会場に登場する昆虫たち、キミはどれくらい知っているかな?

バイオリンカマキリ
その姿は妖怪、それとも宇宙からやってきた謎の生物…?
(画像提供/国立科学博物館)
パンダアリ
パンダでもないアリでもない。その正体はハチ!
(画像提供/国立科学博物館)
ヤマトニジュウシトリバ
ハネが24枚にわかれている! これでも飛べるの?
(画像提供/国立科学博物館)

 昆虫は、地球上で報告されている生物種の半数以上となる約100万種を占める最大の生物群。よく知られた昆虫がいる一方、あまり知られていないマイナーな昆虫もたくさんいる。この展示を通して、5人のムシ博士と一緒に多様性の扉を開こう!

 会場では、研究者が細部までこだわって監修した巨大模型(体長2m!)がみんなをお出迎えするよ。ギンヤンマのヤゴやウスバキチョウ、オオセンチコガネなど、今にも動き出しそうな迫力をお楽しみに!


イベント名特別展「昆虫MANIAC」
会期2024年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
会場国立科学博物館 
住所〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
開館時間9時~17時 (入場は16時30分まで)
※ただし、毎週土曜日および8月11日(日)~15日(木)は19時まで開館延長(入場は18時30分まで)
休館日7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17 日(火)、24日(火)、30日(月)
入場料小・中・高校生/600円、一般・大学生/2100円(税込)
※未就学児は無料
問い合わせ050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイトhttps://www.konchuten.jp
そのほか会期等は変更になる場合があります。
本展示は昆虫標本を中心とした展覧会です。「昆虫」以外の「節足動物」の展示も含みます。

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 8月号

CTR IMG