種子島宇宙センターも会場に!「種子島宇宙芸術祭ライトフェスティバル2023」(鹿児島県、12月9日(土)~17日(日)まで)

種子島といえば、数々のロケットが宇宙へと飛び立つ場所。宇宙好きにとっては聖地ともいえるよね。また、その星空や自然の美しさから観光スポットととしても人気だ。この12月、そんな種子島で「自然×宇宙×アート」の融合をテーマにした「種子島宇宙芸術祭ライトフェスティバル2023」が開催されるよ。

 12月9日(土)~12月17日(日)、種子島の3か所の会場を舞台に「種子島宇宙芸術祭ライトフェスティバル2023」が開催されるよ。今回はなんと種子島宇宙センター内も会場となっており、宇宙センターとアートがかけ合わさった空間を楽しむことができる貴重な機会となっている。

 世界的に活躍するライトアーティストの千田泰広さんやプラネタリウム「MEGASTAR」の生みの親として有名な大平貴之さんはじめ、世界的に活躍するアーティストが集結。さまざまな展示に触れることができるよ。

 会期中に行われるイベントのプログラムやチケットの購入などは、公式サイトをチェックしてね。時間帯によって、子供は参加できないイベントもあるので気を付けよう。種子島の魅力がたっぷり堪能できる芸術祭、ワクワクするね♪

 

イベント名種子島宇宙芸術祭ライトフェスティバル2023
日時12月9日(土)~12月17日(日)
会場種子島(宇宙センターエリア、市街地エリア、ビーチエリア)
料金プログラムによって異なるため、詳細は公式サイトで確認
問い合わせ公式サイトの問い合わせフォームからお問い合わせください。
公式サイトhttps://satfes.jp/
その他イベントの詳細は変更になる場合があります。公式サイトを確認してください。

 

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 6月号

CTR IMG