毎週金曜日更新●連載《偉人さん、いらっしゃ~い‼》第26回 クリック&ワトソン

偉人
いじん
さん、いらっしゃ~い‼》へようこそ。毎回、すてきな偉人さんをゲストに楽しいトークをお
とど
けします。今月のゲストはDNA(デオキシリボ核酸
かくさん
)の構造
こうぞう

き明かしたフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンのおふたり。
わか
無名
むめい
の科学者たちが“ 20世紀最大
せいきさいだい
の発見”をするまでの、ドキドキするような研究秘話
けんきゅうひわ
を聞いちゃうぞ!

クリック&ワトソン博士、いらっしゃ~い‼

フランシス・クリック(右/1916-2004年)、ジェームズ・ワトソン(左/1928年-)。1916年、クリックがイギリス・ノーサンプトンシャー
しゅう
で生まれる。1928年、ワトソンが、アメリカ・シカゴで生まれる。1951年、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所で出会う。1953年、DNA の二重らせん構造を発見(クリック37
さい
、ワトソン25歳)。1962年、モーリス・ウィルキンスと3 人でノーベル医学・生理学賞を受賞。2004年、クリックが88歳で死去。※2022年6月現在、ワトソンは存命
ぞんめい
(94 歳)。

―そもそも、おふたりの出会いは?

クリック(C) 当時、
ぼく
がいたケンブリッジのキャベンディッシュ研究所に、アメリカの大学を出たてのワトソンがやってきたんだ。僕はもともと物理屋
ぶつりや
で、彼は生物学
せいぶつがく
専門
せんもん
だった。

ワトソン(W) ひと回り年上のクリックは天才肌
てんさいはだ
で、私はいわゆるガリ勉タイプ。国も経歴
けいれき
性格
せいかく
も、私たちに共通
きょうつう
するものは何もなかった。ただ1つ、DNAと遺伝子
いでんし

なぞ
にとりつかれていたことをのぞいては!

★続きはコカネットプレミアム会員になると読むことができます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2022年 7月号

CTR IMG