【ノーベル物理学賞】江崎玲於奈先生の研究-実験的に「トンネル効果」を起こすことに成功

1973年物理学賞 江崎玲於奈
えさきれおな
先生(IBM トーマス・J・ワトソン研究所
※肩書は受賞当時

 私たちの目に見えるような大きなの世界では、壁に投げた物体が壁を通り抜けることはありません。ところが、電子などの非常に小さな粒子を研究する「量子力学」の世界では壁を粒子が通り抜けることがあり、こうした現象は「トンネル効果」と呼ばれています 。

 トンネル効果は1920年代から理論的に説明されていましたが、1950年代、東京通信工業(現在のソニー)で電子機器の開発に取り組んでいた江崎玲於奈博士は、トンネル効果を電子機器で起こそうと、電気の流れを整えるダイオード中の障壁をできるだけ薄くして電気を流す実験を繰り返していました。そして障壁の幅を10ナノメートル(10ナノメートルは10億分の1メートル)まで薄くしたところでトンネル効果を起こすことに成功しました。

 実験的にトンネル効果を起こすことに成功した功績から、江崎博士は1973年にノーベル物理学賞を受賞しています。

 また、トンネル効果を確認した実験では、電圧を高めているのにもかかわらず、一定の値を超えると、電流が減少するという「負性抵抗」と呼ばれる現象が起こることも発見しました。これにより画期的な特性を持ったダイオードを開発することができました。このダイオードは「エサキ・ダイオード」と呼ばれ、さまざまな電子回路に利用されています。

ノーベル賞スペシャルサイトに戻る

斉藤勝司 著者の記事一覧

サイエンスライター。1968年、大阪府生まれ。東京水産大学(現東京海洋大学)卒業後、ライターとなり、最新の研究成果を取材し、科学雑誌を中心に記事を発表している。著書に『がん治療の正しい知識』、『寄生虫の奇妙な世界』、『イヌとネコの体の不思議』、『群れるいきもの』などがある。

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG