第3回 迷路をつくろう

 プロのゲームクリエイターも使っている、2D/3Dゲーム開発エンジン「Unity(ユニティ)」。3D迷路を探検するゲームをつくりながら、Unityでのゲームのつくり方を紹介しているよ。

 第2回では、Unityの基本的な使い方を説明したので、今回からはいよいよ3D迷路ゲームをつくりはじめるよ。まずはゲームのステージになる3D迷路をつくっていく。

1 迷路の箱になるような床をつくろう

 前回つくったプロジェクト「Maze Game」をつかうので、まずUnity Hub(ユニティ ハブ)を起動する。「プロジェクト」画面に「Maze Game」があるので、それをクリックしてUnityを起動しよう。

Unity Hubのプロジェクト画面で「Maze Game」プロジェクトを選択

① Unityが起動したら、Hierarchy
ヒエラルキー
ウィンドウで、「Create
クリエイト
」をクリックすると表示されるメニューから、「3D Object
オブジェクト
」の「Cube
キューブ
」をクリックする。

Hierarchyウィンドウで、「Create」をクリックすると表示されるメニューから、「3D Object」の「Cube」をクリック

② Scene
シーン
ビューに、箱型が表示される。Hierarchyウィンドウで「Cube」という名前で表示されてるので、「Ground」に変えておこう。

Sceneビューに表示された「Cube」オブジェクトの名前を「Ground」に変える

③ 箱型を変形させて、床に見えるように大きさや位置を変えよう。大きさとしては、Inspector
インスペクター
ウィンドウの「Scale
スケール
」で、Xが20、Yが1、Zが20になる大きさにする。

「Cube」オブジェクトを変形させて、床に見えるように大きさや位置を変える

 オブジェクトの変形は、Scale Toolボタンをクリックして、マウスを使ってももいいけど、むずかしいときは、Inspectorウィンドウの「Scale」で、数字を入力してもできるよ。

Inspectorウィンドウで「Scale」で数字を入力しても変形できる

 Sceneビューで、オブジェクトの全体が見れなくなったら、使っているマウスにある、マウスホイールを手前側に回すと、ズームアウトができたよね(第2回の「5 マウスを使いこなそう!」を読んでね)。マウスホイールを回しながら、見やすい大きさになるように調整しよう。

マウスホイールを手前側に回すとズームアウトができる

2 床の周りに壁をつくろう

 迷路の床ができたら、次は壁をつくろう。

① Hierarchyウィンドウで、Cubeののオブジェクトを1つつくろう。名前は「Wall1」にする。壁にするので、細長い形にしたい。Inspectorウィンドウの「Scale」でXを20、Yを1、Zを1にする。壁なので「Ground」の端に移動させたい。そこで、Inspectorウィンドウの「Position
ポジション
」でXは0、Yは1、Zを9.5に設定しよう。壁が1つできた!

Inspectorウィンドウの「Scale」でXを20、Yを1、Zを1にする。「Position」でXは0、Yは1、Zを9.5に設定
壁ができた

②「Ground」のほかの端にも壁をつくりたい。ただし、手順④をそのままくり返さなくてもいいよ。Hierarchyウィンドウで「Wall1」を右クリックして、表示されるメニューから「Duplicate
デュプリケート
」を選ぶ。すると、「Wall1(1)」ができる。

Hierarchyウィンドウで「Wall1」を右クリックして、表示されるメニューから「Duplicate」を選ぶ
「Wall1(1)」ができる

⑥「Wall1(1)」を「Wall2」に名前を変える。今は、「Wall1」と同じ場所にあるので、位置と形を変えよう。「Wall2」はInspectorウィンドウの「Position
ポジション
」でXは0、Yは1、Zを20、「Scale」ではXを1、Yを1、Zを20に設定する。2つめの壁ができたね。

2つ目の壁をつくる。「Wall2」はInspectorウィンドウの「Position」でXは0、Yは1、Zを20、「Scale」ではXを1、Yを1、Zを20に設定。

⑦ 同じ方法で、全部で4つの壁をつくる。それぞれ、Inspectorウィンドウの「Position」と「Scale」の数値が違うので、次の表を参考にしてつくってね。

X Y Z
Wall1 Position 0 1 9.5
Wall1 Scale 20 1 1
Wall2 Position 9.5 1 0
Wall2 Scale 1 1 20
Wall3 Position -9.5 1 0
Wall3 Scale 1 1 20
Wall4 Position 0 1 -9.5
Wall4 Scale 20 1 1

 全部の壁が出来上がるとこのようになるよ。

Wall1~Wall4まで、壁がすべて出来上がるとこうなる

3 オブジェクトに色(マテリアル)をつける

 つくったオブジェクトには色をつけることができるよ。さっそくやってみよう。

① オブジェクトに色をつけるときは、「Material
マテリアル
」をまずつくる。最初に「Ground」の色をつけるので、Hierarchyウィンドウで「Ground」を選択する。それからProject
プロジェクト
ウィンドウの「Create」をクリックして、「Material」を選ぶ。

Projectウィンドウの「Create」をクリックして、「Material」を選ぶ。

② Assets
アセッツ
にできた「Material」の名前を「groundColor」に変える。

Assetsにできた「Material」の名前を「groundColor」に変える。

③ Inspectorウィンドウの「Albedo
アルベド
」の横にある白い四角の部分をクリックする。

色の変更は、Inspectorウィンドウの「Albedo」の横にある四角をクリック

④ 表示されたパレットで好きな色を選ぼう。円になっている色の帯の好きなところをクリックすると、その部分の色に変わるよ。

表示されたパレットにある色の帯で好きな色を選ぶ

⑤ 色が変わった「groundColor」 をHierarchyウィンドウにある「Ground」へドラッグ&ドロップする。

色を変えた「groundColor」 をHierarchyウィンドウにある「Ground」へドラッグ&ドロップ

⑥ 床の色が変わったかな?

床の色が変わった

⑦ 同じように、壁に色をつけよう。ここでは「groundColor」を壁の色にしたけど、違う色にしてもいいよ。

壁の色も変更した

4 箱の中に迷路をつくる

 それでは迷路をつくっていこう。

① まずは、スタートとゴールの場所を決める。

迷路のスタートとゴールの位置を決める

② 壁をつくったときと同じ方法でオブジェクトをつくって、それを床に置いていくよ。ここでは、次のような迷路をつくった。迷路の壁は「Wall5」、「Wall6」、「Wall7」、「Wall8」だ。それぞれの、Inspectorウィンドウの「Position」と「Scale」の設定は表のようになる。表の数値でつくってみてから、自分で改造してみてもいいね。

X Y Z
Wall5 Position -6 1 1.5
Wall5 Scale 15 1 1
Wall6 Position -1 1 -3.5
Wall6 Scale 11 1 1
Wall7 Position 6 1 4
Wall7 Scale 11 1 1
Wall8 Position 3.5 1 5.5
Wall8 Scale 5 1 1
迷路の壁を「Wall5」、「Wall6」、「Wall7」、「Wall8」としてつくる

壁の位置は、Inspectorウィンドウの「Rotation
ローテーション
」で設定できるよ。「Y」の数値を変えてみて、壁がどのように置かれるかためしてみてね。

③ 迷路の壁にも色をつけよう。わかりやすくするために、床とは違う色にしたほうがいいね。

迷路の壁に色を付ける

 SceneビューのY軸をクリックすると真上からオブジェクトを見ることができるよ。

5 プロジェクトを保存する

 迷路ができたら、とりあえず保存しよう。Unityは2種類の保存が必要だよ。

①「File
ファイル
」メニューをクリックして、「Save
セーブ
As
アス
」を選択する。ここでは、「main
メイン
」という名前で保存した(名前は何でもいいよ)。

② 次に、もう一度「File」メニューをクリックして、今度は「Save
セーブ
Object
オブジェクト
」を選択する。特に何も表示されないけど、これでオブジェクトの上書き保存ができたよ。

 ゲームをつくっている途中で作業を中断するときはもちろん、つくっているときにもなるべくこまめに保存はしておいた方がいいよ。

 今回は3D迷路ゲームのフィールドになる迷路をつくったよ。次回はいよいよプレイヤーをつくっていくぞ。お楽しみに!

(記事協力:LITALICOワンダー)

最新号好評発売中!

子供の科学 2020年 12月号

CTR IMG