2020年4月号「未来をつくろう! チャレンジ! AIプログラミング」 「Scratchで機械学習にチャレンジ!」記事の変更点について

 『子供の科学2020年4月号』の特集「未来をつくろう! チャレンジ! AIプログラミング」では、Scratch(スクラッチ)とその拡張機能
かくちょうきのう
「ML2Scratch(エムエルツースクラッチ)」を使って、機械学習
きかいがくしゅう
にチャレンジしたよ。コンピューターにジェスチャーを覚えさせて、ゲームプログラムの操作に活用したよね。

 実は、「ML2Scratch」がバージョンアップしたことによって、記事で紹介
しょうかい
したプログラム方法が一部変わることになった。この記事では、変わった点を紹介するので、バックナンバーを読んでAIプログラムにチャレンジするときは、この記事を参考にしてね。

 記事では、コンピューターにジェスチャーを学習させてから、「PONG」という、ボールを落とさないように「パドル」というラケットで
ち返すゲームをつくった。

今回つくるPONGゲーム
特集でつくっているゲーム「PONG」

 このPONGゲームをつくるときに、ステージ上に映っているカメラの画像をいったん消すことが必要だ。

 バージョンアップしたML2Scratchでカメラの画像を消す場合には、「ML2Scratch」カテゴリーにある「ビデオの透明度
とうめいど
を(50)にする」ブロックを使う。ここで(50)を(100)にして、ブロックをクリックしてみよう。

「ビデオの透明度を(50)にする」ブロック
カメラの画像が残っている状態で、「ビデオの透明度を(100)にする」にしてクリックする

 カメラの画像が消えるので、ここからPONGゲームのプログラムをつくっていこう。

ステージの画像が消える前
ステージにカメラの画像がある状態
ステージの画像が消えた
「ビデオの透明度を(100)にする」ブロックをクリックすると、ステージに映っていたカメラの画像が消える

 最新バージョンのML2Scratchでは、この方法じゃないとカメラをオンにしたまま画像を表示しないことができないので、うまくいかないなと思ったら試してみてね。

 「未来をつくろう! チャレンジ! AIプログラミング」が掲載されている『子供の科学2020年4月号』は、コカネットのプレミアム会員限定の「電子書籍読み放題!!」で読むことができるよ。プレミアム会員の詳細についてはコチラを見てね!

最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 6月号

CTR IMG