ハンドルを回すとゆっくり回る「メリーゴーラウンド」-自由研究スペシャル

 メリーゴーラウンドもピエロも愉快に回転するかわいい遊園地。

■テーマ:機械(ギア)
■所要時間:2日
■難易度:ふつう

用意するもの

●材料
・段ボール
・竹ひご(太さ3mm)
・ネジとナットとワッシャー
・割りピン
 など

●道具
・鉛筆 
・カッター 
・カッターマット 
・木工用接着剤 
・セロハンテープ
・カーボン紙
 など

つくり方

①段ボールを図のサイズにカットする。
②Aを両面テープで貼って箱状に組み立てる。
③Bを両面テープで貼って組み立てる。
写真のようにAの口の部分にBが入ることを確認する。
④Gは、「G原寸大型紙」をコピーして、カーボン紙を使って段ボールに線を写しとってつくる。
⑤竹ひご(長)にD、Cを通す。竹ひご(短)にE、F、Gを通す。段ボール同士は木工用接着剤で接着する。
⑥H、I、Jの一方の表面の紙をむしり取る。波の形(中芯)を壊さないように注意する。
⑦Cの側面にI、Eの側面にHを木工用接着剤で貼る。ギア(大)(小)ができる。
⑧Aの穴に、ギア(大)(小)の竹ひごを通してのせる。竹ひごはBの穴にも通す。
⑨Jを輪にして、ギア(大)(小)に巻く。たるまないように長さを調節する。Jを輪にするとき、つなぎ目部分の波の形(中芯)がつぶれないようにしよう。
⑩もう1つのGの中心から20mmのところにネジをナットでつける。穴からネジの頭が抜けそうなときは、ワッシャーをはさむ。
⑪Aの側面の穴に❿のGを割りピンでとめる。
Aの内側の割りピンの様子。
⑫ ❿でつけたネジをつまんで回すと、回転が伝わっていく。

(工作・写真・イラスト/久保政喜 ことり社)

「夏休み自由研究スペシャルサイト」に戻る

回転の伝わり方

 メリーゴーラウンドのしくみの解説や工作の工夫は、コカネットプレミアム会員になると見られます。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG