【コカトピ!】磁気の力だけで浮揚する新素材

気になるタグ

文/白鳥 敬

磁気の力だけで浮揚する新素材

 鉛筆の芯の材料であるグラファイト(黒鉛)などいくつかの物質は反磁性という性質を持っていることが知られています。反磁性というのは、その物質を外部の磁場の中に入れると通常とは逆向きの磁場を持つ現象のことです。沖縄科学技術大学院大学(OIST)量子マシンユニットのジェイソン・トゥワムリー教授らの国際研究グループは、グラファイトと磁石を用いて、スラブ材料(薄い板状の材料)を真空中で浮揚させたままにしておくことができるプラットフォーム(基盤)を設計しました。反磁性体に外部から磁場を加えることで反発する力(斥力)が働くことを利用したものです。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 8月号

CTR IMG