【コカトピ!】ブルーベリーの果実が青く見えるのはなぜ?

気になるタグ

文/保谷彰彦

青く見えても、青色色素はない

 イチゴやリンゴの果実が赤く、ミカンが黄色なのは、それぞれ赤色色素や黄色色素が含まれているからです。ところが、ブルーベリーの果実は青く見えますが、青色色素を含んでいるわけではありません。その果実に含まれる色素はアントシアニンという成分で濃い赤紫色です。試しにブルーベリーの果実をしぼってみると、果汁は「青色」でないことがわかります。それでは、なぜブルーベリーの果実は青色に見えるのでしょうか?

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 6月号

CTR IMG