「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2023 in Mitaka」 受賞者決定!

 2023年12月9日(土)、「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2023 in Mitaka」の最終審査発表会が行われました。今年の大会はリアル開催! 数多くの観客が最終審査会会場に足を運び、リアル開催ならではの和やかな空気の中で熱のこもった審査が行われました。

 応募総数124件の中から最終審査に残ったのは、「ゲーム部門」6作品、「Webアプリ・IoT部門」5作品の計11作品。当日は、発表者のプレゼンテーションと質疑応答などをもとに、Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろさんを審査委員長とする7名の審査委員によって最終審査が進められました。

 審査の結果、「ゲーム部門」の最優秀賞に輝いたのは、岩手県の滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部チーム「ダイスマン」による「DICE」。「DICE」は、数合わせのパズルゲームで、縦横さいころの目が同じになるとさいころが列ごとに消え、すべてのさいころを消すとゲームクリアになるゲームです。

 「Webアプリ・IoT部門」の最優秀賞に輝いたのは、金光峻希さん(三重県)の「SQSO Web」。「SQSO Web」は、アマチュア無線のログ(交信記録・業務日誌)を管理するためのWebアプリケーションで、自身が所属する部活動の課題を解決したいと思い、つくられたプログラムです。

 今回の最終審査会の模様は、「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」のYouTube公式チャンネルでも後日公開される予定だから、気になる子はぜひチェックしてみてくださいね!

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」YouTube
www.youtube.com/@ruby-wr4yz

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 7月号

CTR IMG