『錯覚道』集中特訓「立体錯視に挑め!」

 『子供の科学』の大人気連載「錯覚道」の師範・杉原厚吉先生が登場! 立体を見たとき奥行きを間違える錯覚を紹介し、脳が何をやろうとしているのかを一緒に考えたい。キーワードは「不可能立体」。実在する立体なのに、その姿や振る舞いがありえないと感じる錯覚が生じる。2020年のノーベル物理学賞を受賞したロジャー・ペンローズも、若いころ不可能立体に興味を持っていたぞ。

関連雑誌・書籍(あわせてお楽しみください)

子供の科学で「錯覚道」連載中《プレミアム会員は読み放題!》

子供の科学電子版読み放題はこちら

書籍『新 錯視図鑑』《プレミアム会員は読み放題!》

『新 錯視図鑑』読み放題はこちら

講演会動画

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。
サイト上部に表示されているロゴが、金色のコカネットプレミアムに変わったら、プレミアム会員のお手続き完了です。


最新号好評発売中!

子供の科学 2021年 11月号

CTR IMG