【子供の科学5月号別冊付録】「野外に放してはいけない身近な生きもの」~外来種のルールを知ろう!~

 『子供の科学』2024年5月号の別冊付録「いきものづきあいMINIルールブック」は見てくれたかな? ここではさらに「外来種(がいらいしゅ)」と野生生物について、気をつけたいルールを紹介します。

●外来種のうち、生態系によくない影響を与える「特定外来生物」

別冊付録「いきものづきあいMINIルールブック」で紹介しているように、よその地域から人間によって持ち込まれた生物を「外来種」といいます。その中には、アメリカザリガニのように日本の生態系や人の暮らし、農林水産業などに被害を及ぼす恐れのある生物もいて、特別に指定されたものを「特定外来生物(とくていがいらいせいぶつ)」と呼びます。これらは外来生物法(※)によって、取り扱いにさまざまな規制があり、違反した場合には罰則もあります。

※正式名称は「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」

●飼っている生きものが「特定外来生物」に指定されたら?

生きものの飼育中に、その生きものが「特定外来生物」に指定されることも十分考えられます。「特定外来生物」に指定された生きものは、新しくペットとして飼育することは認められません。ただし、規制される前から飼育していれば、指定後半年以内に許可申請を行うことで、飼育し続けることができます。

●特例が設けられたアメリカザリガニとミシシッピアカミミガメ

近年、アメリカザリガニとミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)が条件付特定外来生物に指定されました。一般家庭で飼っている場合は、許可が不要のまま飼い続けられる特例が設けられています。

アメリカザリガニ(原産地:アメリカ)
【問題点】水草の切断や水生生物の捕食、ザリガニペストなどの病気の媒介、在来種の二ホンザリガニとの競合
ミシシッピアカミミガメ(原産地:アメリカ~メキシコ)
【問題点】水生生物の捕食、在来種のカメとの競合、レンコン畑などの農業被害

●野生生物の捕獲に関する「特定第二種国内希少野生動植物種」とは?

絶滅危惧種の保全につなげようとする制度のひとつとして、「特定第二種国内希少野生動植物種」があります。これは、捕獲自体は禁止していないものの、販売・頒布など、野外での大量捕獲につながるような捕獲や譲り渡し、陳列・広告などを禁止するものです。

●「特定第二種国内希少野生動植物種」の生きものの例

以下の生きものは個人で鑑賞するために捕獲・飼育することはできますが、販売・頒布目的での捕獲や譲り渡しなどは禁止されています。

・タガメ
・カワバタモロコ
・トウキョウサンショウウオ

タガメ。身近な生きものだけど、誰かに売ったり、友達に配ったりするのはNGだよ。

この他にも、小型サンショウウオ類などで年々、指定種が追加されています。生きものを野外で採集するときは、法律上に問題がないかを確認することが大切です。

とはいえ、どんな法律があって、何に気をつけたらいいのかを把握するのは大変ですよね。そんな生きものにまつわる法律をわかりやすく、まんがで教えてくれるのが『街から山、川、海まで 知っておきたい身近な自然の法律 いきものづきあいルールブック』! 「自然環境」や「野生生物」と関わる上で気をつけたい「法律」や「マナー」について、ストーリーまんがと解説ページでわかりやすく紹介しています。別冊付録で登場した、自由気ままなキツネやしっかりもののタヌキさん、メガネ課長の掛け合いもポイントです♪ 「詳しく知りたい」と思った人はぜひチェックしてみてくださいね。

『街から山、川、海まで 知っておきたい身近な自然の法律 いきものづきあいルールブック』
【著】一日一種 【監修】水谷知生、長谷成人
誠文堂新光社 1980円(税込)

文/子供の科学編集部
出典/『街から山、川、海まで 知っておきたい身近な自然の法律 いきものづきあいルールブック』(誠文堂新光社)

子供の科学2024年5月号

今号は「ゲームのつくり方」特集! プロクリエイターが、アナログとプログラミングの2パターンのゲームのつくり方を伝授します。自分好みのゲームをつくって遊んでみましょう! 付録は「いきものづきあい MINIルールブック」。知らないうちにルール違反しがちな「野外に放してはいけないいきもの」について、まんがで紹介。その他、H3ロケットの打ち上げに関する記事やかわいいネコたちが実験をする新連載まんがも登場!

5月号の詳細はこちら

最新号好評発売中!

子供の科学 2024年 6月号

CTR IMG